人気ブログランキング |

goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 18日

17日間

17日間、AOは大きな病院へ入院した。
生後3カ月半のこと。
重度のアレルギーで、
目以外の全身に、包帯をぐるぐる巻かれ、点滴をつながれた。

こうなってしまったことに、私は自分を責めた。

入院中のAOは、小さな体で辛いことを体験しているのに、
笑顔をふりまき、周りの人々を幸せにするので、
私たちは頭があがらず。
泣いている場合ではないのだけれど、
私は泣くことで、心を浄化し、笑顔のAOを見習った。


しかし、退院から数カ月間、
いくら真面目に治療に励んでも、先が見えず、壁にぶち当たった時、
私の中で、ガシャンと音がした。
「AOには申し訳ないけれど、もうこんな治療してられない。
N先生のところへ、今すぐ行こう」
個人病院のN先生のところは、新生児にとっては遠い場所だし、待ち時間が驚異的に長い。
それに、だいいち、セカンドオピニオンの手続きもしていないけれど。

N先生は、某大病院とは、真逆な治療を始めた。
簡単に言うと、内側から治療し始めた。それは心も含め。
あまりの変化の大胆さに、不安もあったが、何事も無く、
AOは、更に笑うようになり、感情的にもなり、
よく眠り、丸っこく太り、急激によくなっていった。

私は、やっと地に足をつけて、生活できるようになった。
そしてAOが、ミルク(乳製品)アレルギーに加えて、
N先生の検査で、卵と小麦もアレルギーだということが判明したのも、
なにかの運命な気がして、すんなりと受け入れることができ、
過去の自分と今の自分が、するっとつながったきがした。

それから数年、AOはそんな過去を感じさせないほど健康になり、
ジャンクなものまで、食べられるようにまでなった。
どきどき、湿疹だらけの赤子を抱いたお母さんを見ると、
心の中で、声をかける。
「少しずつ、先が見えてくるから」
b0145577_11084765.jpg
AOが産まれ、山の家から町に引っ越ししたが、たった一年でまた、引っ越すはめに。
(AOが元気すぎて、隣家からクレームが何度もあり、居られなくなった・・・)
今度は、船と飛行機と電車が見える、男の子向きの家。もうすぐ一年になる。


by ideakico | 2019-01-18 11:15 | 雑記