goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 22日

また明日はなにがあるのだろう

悲しみに氷ついているときは、とろけるような甘いものを。
しょぼくれちゃって物悲しいときには、大蒜の香りがする赤いものを。
どおしたの?ってくらいに、ぷりぷりに怒っちゃったときは、
小麦の香り。
b0145577_22043702.jpg
形をととのえて、温かいオーブンに入れると、
ぷくーって膨らんでくれる。
膨らんでいた自分のほっぺたのかわりに。
可愛らしいパン生地たち。
b0145577_22053913.jpg
小麦の香りが充満する頃には、わくわくしてきて、ふわーって顔がゆるんできて、
なんだか怒っていたこととか、どーでもよくなっちゃって、
早く食べたい気持ちでいっぱい。
b0145577_22062048.jpg
『ふきの葉っぱのパン』
材料●国産小麦・大麦・ふきの葉・天然酵母・甜菜糖・塩
b0145577_22072038.jpg
画像でうまく色が見せられなくて残念!だけれど、
本当は、もっときれいな緑色なのです・・・
ブラックオリーブとも合います。
苦いの好きな人におすすめでしゅ。

[PR]

# by ideakico | 2014-04-22 22:19 | 雑記
2014年 04月 20日

地面があれば生きていける

ってゆーの、幾度となく読んだり聞いたりしてきた。
春になると、特にそれを実感する。
だって、地面に生えているもので、お腹一杯になっちゃうんですもの!
この地面に生えているものを、うまく保存すれば、
一年中、「生きていける」な気分になれるはず・・・
年々腕をみがかなければっ。

ということで、今日も「地面ご飯」。
b0145577_20313870.jpg
春のよもぎパンは、さいこうにすばらしい。
b0145577_20332982.jpg
その最高に素晴らしいよもぎパンを、菜種油たっぷりひいたフライパンで焼く。
わざと焦げつかせながら!!
これが、涙がでそうなほど、おいしいの。
それと、ふきの葉っぱを炒めたものと、ふきの茎を煮たもの。
今年は、スタンダードにふきを調理するのが気に入っている。
(それに飽きてきたら、また、試行錯誤ふき料理&ふきお菓子になる・・・)
あと、きれいな緑色のものは、トウがたった野沢菜。
頂き物の青大豆を水煮したものと一緒に。
ただで食べれて、さらに体調もよくなって、いっせき二兆すぎる。


[PR]

# by ideakico | 2014-04-20 20:49 | ごはん
2014年 04月 11日

ピンクと言うよりも白いの

夕暮れ前。

大きな窓から外を眺めつつ、野草を洗っていると・・・
とつぜん風向きが変わる。

いきなり嘘のように、ぶわっと吹き出してきた。
たっくさんの桜の花びらが。
吹雪のように、大げさに、あまりの白さが嘘のような桜の花びらたち。
なんだか大昔のキッチュな映画を、大画面で見ている気分。
作り物みたいな窓の外。
b0145577_21443555.jpg
(これは大根の花。ほら、根っこが大根でしょ!)

家の上や下、前の山にも、いたるところに、ふと見ると、色んな桜。
この山の家に越してきてから、「山桜」というものを、初めてしる。
桑の木や、梅の木が「芽吹く」瞬間を、初めてみる。
小さなちいさな蕾が、少しづつ裂けていって、
とつぜん、ぴょこんと。
ライトグリーンの、かわいらしい芽が出てくるだなんて。
そう、しらなかったの。若芽色のほんとの色さえ。

田舎無しで育った私にとっては、
それらはとてつもなく新鮮なことで、足をとめて、手をとめて、見入ってしまう。
人間がどうがんばったって、これほど調和のとれたものは作れないと、つくづく思う。
b0145577_21472102.jpg
今年初摘み!よもぎパン。

このほかに、天麩羅も作っちゃったし、パンケーキにもしちゃった!
4月のよもぎは、ふわふわと柔らかくて、もちもちしてて、最高!!
夏までは、大好きなよもぎ摘みにいそしもう。

[PR]

# by ideakico | 2014-04-11 21:50 | 雑記
2014年 03月 30日

ごめんね、シャベル

都会に出勤すると、マスク率が多くなる。
ということは、花粉がとんでいるのかしら?
うーん、どーりで仕事の日は特に、皮膚が赤かゆくなるけれど、
まだ今年は「かゆくて眠れないっ!!」とまでいかず、
劇的な春の排毒も、さほど起こらない。
お酒もたくさん飲んで、相当ふせっせーしているのにね!
b0145577_13040653.jpg
けれど図に乗ってふせっせーしまくって、どかっと悪化してもいけないので、
日々少しずつ、大地の恵みをいただく。
家までの道や、庭などに生えているかわいい野草たち。
それと、地元のものたち。

「家までの道」と言えば、百何十段とある階段+長い坂道。
これを、一時も休まず止まらず、足早に家まで辿り着くことはできるのだけれど、
今後は・・・・「軽やかに登り、かつ息を乱さない」を目標とする。
タヌキやリスに負けないよーに。
b0145577_13051269.jpg
『のびるとアーモンドの玄米炒飯』
自家製大蒜オイルとアーモンドをフライパンに温め、玄米を焼きつける。
のびるの葉の部分を加え、スパイス数種類と塩で味を調え、
丼ぶりに盛り、のびるの根の部分をのせる。
(なぜか、茹でブロッコリーも乗っかっている)

『三つ葉とヒジキのサラダ』
常備菜の炒りひじき(今回は近所で採れたひじきと仕事先の人参のみ)に、
荒く刻んだ三つ葉を和える。
香りつけに、ごま油を少し。

『巻きがゆるくなったキャベツのお味噌汁』
地元のキャベツが、巻きがゆるいものが出回ってきた。
おいちー。

[PR]

# by ideakico | 2014-03-30 13:07 | ごはん
2014年 03月 27日

心の旅

b0145577_13524395.jpg
十数年ぶりに、飛行機に乗って、
二人で北海道。
遠くに、シベリアから辿り着いた流氷が見える。
私は、ほぼ好きなことばかりして、生きている。
自分にとって、不必要なものや事柄は、
冷たいほどに、削ぎ落として。

ひとによって、満足の度合いや幸せは違うはずなのに、
日本的な価値観を基準に、自分と他人を比べる人がいる。
世間体とか、一般的とか、そーゆう思考を背後にしょって。
そんな「不必要」な考え事をしないせいか、
私は、しあわせ。
相変わらず、お金なんて笑っちゃうほどないし、
不信がられるほど、
物も持っていないけれど!!
b0145577_13534667.jpg
またいつか、飛行機に乗れたらいいな。
[PR]

# by ideakico | 2014-03-27 14:16 | 雑記