<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 30日

サンカンシオン

b0145577_15223444.jpg
我が家のポストのところにある梅の木。
郵便屋さんは、日に日に開いていく梅の花を、
どういう気持ちでながめるのだろう。

この土地に移り住んで、二度目の春を迎える。
春はゆっくりと忍び寄るくせに、いきなりぎゅーんと目の前に立ちはだかる。
ふきのとうがふっくらし始めたかと思うと、あくる日とつぜん、
庭や裏山の植物の芽が勢いよく伸びはじめ、桜の花が狂い咲く。

その前に、種をまかなきゃ。
種をまくと、芽がでて育って、そのまま放っておけば、トウが立って、花が咲く。
そしてまた、種ができて、こぼれおち、また芽が出る。
そんなことを繰り返すためにも、一代雑種(F1)じゃないのを。
なるべく不自然なことをしないで、ひっそりと生きてゆきたい。


10年前に出逢った本「クレートジャーニー『原住民』の知恵」。
その著者・関野吉晴さんの、最近のインタビューから。

 たとえば、火星移住計画というのがあります。
地球はいずれ住めなくなるから、距離が近くて環境も近い火星に移住しようというのだけれど、
そのためには、火星を地球と同じ環境にしなければならないので、メタンや二酸化炭素を・・・・
・・中略・・・これと関連するのですが、アリゾナに東京ドームくらいの温室の閉鎖空間をつくって、
男女四人ずつの研究者と四千種の生物を入れて、生きていけるかと、
アメリカの大金持ちがポケットマネーで実験したのですが、
そこでは酸素も植物から生まれるし、海も砂漠も、地球の生態系全部をつくったわけです。
ところが、数カ月で、酸欠になってしまった。
 この実験にはいろんな批判はあると思いますが、そこから何を学びとれるかというと、
いかに化学の粋を集めても、地球はできないってこと。
逆にいえば、地球という環境が、生命が生きていくのにどれだけうまくできているかということです。
それが、実感としてわかったことが、いちばんの成功だったと僕は思っている。
 ところが、その環境を人類は壊そうとしているわけですよ。
だから今必要なのは、火星移住計画ではなくて、「地球移住計画」ですね。
地球をどうやって住みやすくするか、改めて考えてみる。
そのとき必要なのは、これ以上の欲望ではなくて、逆にどこまで戻れるかだろうと。
昭和三十~四十年代は電気煌々じゃなかったし、冷蔵庫も氷式だったけれど、
けっこうハッピーだった。
その頃までなら戻れるんじゃないかと思うんです。


あはは!大した実験!
その大金を、違うことに使ってもらいたい気持ちもあるけれど・・・高額な勉強代とゆーことで。
でもたしかに。
「スマホ」どころか携帯電話もテレビも電子レンジもエアコンも持っていないけれど、
私とってもハッピーよ!
[PR]

by ideakico | 2014-01-30 15:37 | 雑記
2014年 01月 17日

去年も今年も

庭の金柑が、色づき始めたから・・・
b0145577_20251626.jpg
摘果した金柑で「金柑シロップ」。
上手に摘果すれば、仕事先で売っているような立派な金柑になるかなぁ・・・
と、数週間後を夢見つつ、摘んでいくんだけれど、
きっと、大きくなったものから、鳥たちがついばんでいってしまうのでしょう。

それでもいいの。しょーがない。
鳥たちと仲良く一緒に食べていきます。
b0145577_20254675.jpg
金柑のヘタをとって、ぷつぷつ実に穴をあけて、色が変わるくらいまで軽く煮る。
茹でこぼしたりしない。簡単なので、まめに作れる。
のどが弱い家人に、薬がわりにせっせと食べていただく。
美味しい薬で、幸せ者だ。
b0145577_20261022.jpg
白い恋人をいただく。
白い恋人。
70年代生まれの私は、こーいうニュアンス大好き。
去年は、北海道に行きそびれたけれど、
来年には、行こうかな・・・アイヌの踊りを観に!
[PR]

by ideakico | 2014-01-17 20:33 | 雑記
2014年 01月 13日

のんびりせかせか

田舎暮らしとゆーものは、のーんびりしているようで、せわしない。
次から次へと、やること・やりたいことが出てきてしまう。
b0145577_19565756.jpg
畑に行くたびに、心の広い大家さんが「柚子すきなだけ持って行ってっ」
と言ってくれるから。
もちろん無農薬!と言うか、自然農法と言うか・・・野生化している柚子を、
あれやこれやと、大名使い。
b0145577_19574570.jpg

ゆずごしょうも作る。
がしかし・・・ゆずごしょうを作るには、唐辛子の季節から準備しなければならないのね!
職場の先輩に「青唐辛子の季節と柚子の季節は全然違うのに、なんで青いゆずごしょうを作れるの?」と聞いたら、
「夏に唐辛子の塩漬けを作っとくのよ!」ですって!!まぁ!知った頃には遅い・・・
仕方なしに、乾燥唐辛子で。
b0145577_1958013.jpg

これは「柚子マフィン」。
皮をすりおろして、果汁もたっぷり入れて。隠し味は、白味噌。
この感じで、豆腐チーズケーキを作っても美味しいことでしょう。
そうそう、柚子と白味噌の組み合わせって大好き!
今日は「柚子&白味噌の豆乳クリームパスタ」も作ってしまった。

そんなこんなで、なにかを大量に収穫するたび、保存食を作り、
本能の赴くままに、料理やお菓子を作る(飽きないように・・・)。
自然は待ってくれないし、収穫物はどんどん鮮度が落ちてしまうから、
躊躇したり、悩んだりしている時間はないのです。
でも「マニュアル」とか「レシピや分量」とかが得意ではない私にとっては、
こーゆうほうが、合っているのかも・・・?
b0145577_19583749.jpg

これは、りすの「ちいちい」。
他に、ボン、ぺぺ、ポルカ&ポルコ。そしてキャサリンなどの小動物がいる。
[PR]

by ideakico | 2014-01-13 20:05 | 雑記
2014年 01月 11日

小寒と大寒のあいだに

だれもいない夜。
でも、物音がするのはいつものこと。
ふと木枠窓の外をのぞくと、ふわふわした動物が、こっちをじっと見ている。
少しはあせって逃げてほしいのだけれど・・・
b0145577_23261731.jpg
大嫌いな冬。
を、少しでもすてきに思えるように、湯気のごちそう。
根菜味噌スウプと、ほかほか焼き立てのフォカッチャ。
去年の9月に大収穫だった大蒜で作った「大蒜オイル」を、
これでもかーってほど、たーくさんかけて焼く。

私にとって、ご飯&味噌汁もパン&スープも、おんなじ感覚。
かしこまったりしないもんだから、味噌スウプ。
プレーンなパンだと、一汁一菜な具合で、一品おかずを作ってあげたくなるけれど、
フォカッチャだと、炊き込みご飯や炒飯な感じだから満足でしょ?って、これまたシンプル。

毎日毎日。
料理はつづいている。
こころとからだをつくっている。
[PR]

by ideakico | 2014-01-11 23:50 | ごはん