<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 07日

そして、Mさんのこと

春頃だったとおもう。
彼と野草探しをしていた、ある日のできごと。

お互い下ばっかり向いていたから、いつの間にか離れ離れになってしまった。
どこ行ったんだろ??
でもよぉく耳を澄ますと、どこからか話し声が聞こえる。
うっそうと茂った、山の中から。
その声を頼りに、こわごわと、しっけた山の急斜面を登っていくと・・・・
あれれ、こんなところに人の家だ。
なに?このぶら下がっている干しものたちは・・・・もしかして・・・魚の皮??

「あぁそれ、サメ皮っていうんだよ。日本刀に使うの」
登場したのは、日焼けした小柄なおじさま。
「こっち来てごらん!すんごい景色だよ!」と、行方不明になっていた彼も登場。
もう、すっかり馴染んでいるご様子。
ちょっとした手作りの階段を登ると、わぁ、海!!
すっかりと見渡せて、花火だって充分に楽しめそう!
そうそう何かと花火をあげるこの土地では、それはそれは贅沢なことなのです。
「飛行機が行ったり来たりするのも、よく見えるんだ。夜はきれいだよ」と、おじさま。
このおじさまは、昔っからの海男で、Mさんという。

「兄弟や周りの人は『こんな不便な山の中は嫌だ』って、山から降りてったよ。
あの高層マンションとかに住んでて、今じゃ物好きな僕独りっきりだよ」。
物好き?
あはは、好きこのんで「車も自転車も入れない山の中」に引っ越してきた私たちも、そーとー物好き。
山の登り降りは大変だけれど、その替わりに、
この景色と、人が入ってこない孤独な静けさが得られるもの。
カーテン無しで生活できるもの。ねっMさん。
Mさんは「またいつでも遊びにおいで」って、言ってくれたけれど、
ひんぱんには邪魔しないよ。
だって、私たちもMさんも物好き同士。そっとしといてほしいだろうから。
b0145577_195758.jpg
家の前というか、すぐぎりぎり私たちの敷地の外に、柿の木が生えている。2本も!野生の柿の木は、2本とも違う品種で、2本とも渋柿じゃないの。だからほとんど動物たちにたべられちゃうんだけれど・・・私たちも何個かいただきました。
[PR]

by ideakico | 2013-11-07 19:10 | 雑記
2013年 11月 02日

まるまるころころ

お隣さんに数珠玉がなっている!!
私の背よりも高くなっているススキやセイタカアワダチソウをかき分けて、
ワクワクしながら、つややかな数珠玉をそぉっと採っていると・・・・
あぁぁっ、こっちにはムカゴがっ!しかもたっくさーーーーーん!!
高ぶる気持ちを、欲望を、必死になっておさえながら、
これまた息をひそめて、そぉっとそぉっと。
落っことさないように、大事にだいじに。
b0145577_16175457.jpg

「車麩とブロッコリーのカツ」大蒜&生姜醤油を絡めて、パン粉はたいて揚げるの。
「ムカゴの素揚げ」大きいのをじっくりあげ。ほくほく。
「ムカゴ玄米ご飯と秋三つ葉」また庭に、三つ葉ちゃんがぴょこぴょこと生えてきた。
「高菜の赤ちゃんのお味噌汁」まだまだ小さいけれど、味は高菜!
b0145577_1618589.jpg
自分の力で生えているものたちを食べているから、とっても元気。わたしったら。
[PR]

by ideakico | 2013-11-02 16:25 |
2013年 11月 01日

パワーフード

不思議とえねるぎーが湧いてくる。穂紫蘇を食べると。
だから去年も今年も、わしゃわしゃと頂いている。
一本二本とかでなくって、ぜーたく山盛りいっぱい。
b0145577_15223478.jpg

畑ではんぱなく大量に収穫した時は、大事に保存したいから「穂紫蘇の醤油漬け」。
穂紫蘇をよく洗って、水気を切って、瓶に詰め、穂紫蘇の3分の1くらいの量の醤油を注ぐだけ!
しゃかしゃかシェイクして、かんたんにできあがり。
b0145577_15233058.jpg
その醤油漬けで、これまた簡単に「穂紫蘇と里芋のサラダ」。
里芋は小さいのをチョイスして、皮つきのまま蒸しあげる。上部はカットしといてね。
そんで蒸しあがったら、ちゅるんって中身を取り出すの。
そしたら好きな大きさに切るなり、潰すなりして、豆乳と醤油漬けで和えるだけ!
b0145577_15244591.jpg
これは、穂紫蘇と酒粕のピザ。それを食べつつ、赤シソ青シソもモリモリ食べる。


紫蘇は葉も穂も、だーーーーいすき。
大した料理にしたてあげなくとも、両者とも、どーっさりかけるだけで、
もぉお外ではとうてい味わえない、絶品料理にしあがってしまう。
そう、どーっさりが、おいしさの秘訣なの。
そして収穫のタイミングも、「穂紫蘇は、先に花がいくつか残っているくらいが柔らかくてよい」とゆーけれど、
なんだか上品すぎて物足りない。
もう花も終わってしまって、中の種がパンパン!くらいのものが、
ナッツみたいにパンチがあって、おいしかったりする。
ただし、よくかまないと消化しなそうだけれど・・・
そろそろ両方とも終わりそうだから、ぞんぶんに楽しんでおこう。
[PR]

by ideakico | 2013-11-01 15:21 |