<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 26日

関係が冷えきるまえに

b0145577_16475490.jpg

『里芋コロッケ』
材料●里芋・牛蒡・大蒜・パン粉・小麦粉・塩・胡椒
「里芋素揚げ」も作成。横にある葉っぱは、畑のほうれん草の間引き菜。
あと、玄米ご飯と、切干大根と玉ねぎのお味噌汁に、畑のあさつき。
揚げものとか油料理の時は、大根は必需品!

b0145577_16482570.jpg

初めて「里芋」でコロッケを作ってみたときに、
「なぜ、これほど素晴らしー料理が、一般的に普及していないのかっ!」と、
たまげた経験がある。
こんなにクリーミィで、こんなに作りやすいだなんて・・・
まぁ作りやすいというのは、小さい里芋で作った場合のみだけれど!
でもしかし、じゃが芋コロッケよりも、バツグンにイカした里芋コロッケ。
小判型より、まん丸型がおススメなのです。

それから年をえて、某総菜屋さんで里芋コロッケを発見した時は、とぉってもうれしかった。
あぁ、ついに里芋コロッケの時代がきたのね・・・と、感無量ではあったのだけれど、
なぜだか相変わらず、普及はしていない。
なぜだ?
じゃが芋よりも里芋のほうが、お高いからか?
それとも私の味覚が、おかしーのか?
(本気で「生クリームよりも豆腐クリームのほうが美味しい」と思っている、この私)

とにかく!
作ってみてみて。
最近がんばって料理しても、彼がほめてくれないの・・・とイジケ気味な人は特に。
ウチの彼は、これを作った日には耳にタコができるほど、
「おいしいね」「さいこうだね」を連呼しているよ。
[PR]

by ideakico | 2012-11-26 16:53 |
2012年 11月 22日

冬支度をしなくちゃ

b0145577_21425294.jpg

大正硝子越しに、紅葉してきた向かいの山を眺める。
今年の秋は、長野の農家さんにお手伝いにいけなかったなぁ・・・なんて、
紅く色付いた林檎の木や、ずっしりと実った葡萄棚を、
遠くの恋人を思うように懐かしんでいたら・・・宅急便屋さん。

b0145577_21421510.jpg
長野の三水の里から、王林・名月・あいかの香りが届く。
「これから本格的にフジの収穫です。薪ストーブの暖かさに助けられます」
って、お手紙入り。

そういえば、長野の粉と長野のお味噌を使って、パン生地をこねている最中の出来事だった。
もうすぐ小雪(しょうせつ)だという、数日前の小さな偶然。

b0145577_21432176.jpg
『焼きパン』
材料●長野の地粉・長野のお味噌・オートミール・天然酵母・甜菜糖
『味噌スウプ』
材料●人参・お味噌・醤油・人参の葉
[PR]

by ideakico | 2012-11-22 21:48 | 雑記
2012年 11月 17日

嵐の夜

いつもおいしい玄米を送ってくださっている上越さんから、
新鮮な米糠を、たぁっくさんいただいちゃったから、
せっせとお菓子に使わせていただく。
b0145577_17201185.jpg

『米糠マフィン』
材料●米糠・地粉・レーズン・甜菜糖・豆乳・酢・塩・重曹
米糠は、香ばしく炒ってから。油不使用で作ってみる。

『米糠キャロブ・ビスケ』
材料●米糠・地粉・キャロブ・ナッツ・オリーブオイル・メープルシロップ・塩
いつもは、オートミールで作る、満腹キャロブ・ビスケットを米糠で。
とまらぬ美味しさなんだけど、食べ過ぎるとお腹がパンパンに・・・
次回は、もっと小さめに焼こう・・・

b0145577_17204547.jpg

今の家は、今日みたいな豪雨な日も楽しい。
外の木々は、ディズニーの短編映画のように、荒れ踊っているし、
縁側の大正硝子は、ガタピシ叫んでいる。
お風呂場の屋根は、透明なトタンだから、
打ち付ける雨が滝のようになっているのが見える。

だから今夜は、ゆっくりとお風呂に入ろう。
雨粒を眺めながら。
お風呂上がりには、今日一日かけて作った甘酒を飲もう。
[PR]

by ideakico | 2012-11-17 17:23 | おやつ
2012年 11月 14日

放置

b0145577_12543878.jpg
時々、ひよこ豆をどう料理したらいいの?と聞かれることがある。
そういう方にとっての「豆」は、日本的にあまぁーく煮るか、
中東料理もしくは地中海系みたいなイメージが未だ強いらしく、
豆を煮たり料理したりするのに、少し気合いが必要みたい。
でもね、ひよこ豆だったなおさらら、何でもいいの。
「じゃが芋や鳥ササミ肉と同じように、気軽に使ってください!」と答えてしまう。

肉が苦手で食べられない私にとっては、
豆は大事な蛋白源。気軽に手軽に、身近な存在。

とゆーことで、今日も大好きなひよこ豆。
固めに茹でたものを、とりあえずフライパンでじっくりと焼き始める。
焼くといっても、放置気味に。時々、ころころ混ぜるだけでいいの。
放置焼きしている間に、もう片方のコンロで、じゃが芋とワケギの味噌スープや、
彼のための「なつかし系卵焼き」とかを作ったりして。
そうそう、畑で間引いた菜っ葉たちを「50℃洗い」なんかしちゃうために、お湯を沸かしたりもね。
そうこうしているうちに、素敵な焼き色がつくから、玉ねぎとサイコロ切りしたエリンギを足して、
すこし火を強めて、仕上げに醤油と水を回しがけ!
玄米ご飯の上にのっけて、お好みでバジルペーストをポトンとたらす。
(ゆず胡椒やふき味噌でもよろしい)
たったそんだけで、おいしーのですかぁ?と、疑問かもしれないけれど、
疑問だったら、やってみましょー!
じっくりと焼いたひよこ豆は、ほくほくサクッとしているけれど、
かなりの存在感で、満足感たっぷりなのです。
といっても、缶詰めの豆では、この焼き具合にはならないかも・・・

まずは冷蔵庫の中で、放置気味に浸水してみましょー。
[PR]

by ideakico | 2012-11-14 13:01 | ごはん
2012年 11月 12日

外食

昨日は、彼と二人で自転車を飛ばして、お昼ご飯を食べに行く。

山手在住時代は、外食とかってあまりしなかった。
なぜならそれは、興味のある店が少なかったから。
でも、日本一好きなパン屋さんが近所にあったから、
「へんに外食するより、フーケでパン買って、眺めのいい公園で食べたほうがいいな」
という思いだった。

こっちに引っ越してきてからは・・・・
残念ながら、毎日食べたくなるようなパン屋さんは無いのだけれど、
行ってみたい店(地元素材を使った店とか)は沢山あって、でもでも、
ウチに居るのが楽しすぎて、やはり結果的に外食をあまりしていない・・・
「山の中の隠れ家的レストラン」とか「眺めのいい海沿いのカフェ」とかだと、
「ウチも山の中だしなぁ・・・」とか「大家さんの家の畑ほど眺めのいいところはないしなぁ・・・」とか、
今までとは打って変わって、なんともぜーたくな環境なので、「結局はウチでご飯」となってしまう。
だけれど、地元のことは沢山知りたいから、
昨日は、地元のお祭りに、お昼を食べに行く。

地元の海産物や果物やお菓子を試食させていただきつつ、
彼は焼きそばとカレー。私は地場野菜のスウプ。
b0145577_2315070.jpg
黒大根やヒョウタン南瓜、赤大根や赤カブなどをコトコト煮たものに、
ヒジキ入りのお焦げご飯が入っていて、ヴィーガン仕様のスウプ。
そんな美味しいスウプをしみじみと頂いていると、彼がさつま芋スティックを買ってきてくれて、
嬉しすぎて、記念写真も撮り忘れてぺろりと二人で平らげてしまった。
その他にもちびちびっと楽しみつつ、
お土産に、重たいキャベツや近所の海でとれた海苔や、お菓子などを買って、
ほくほくとご機嫌に自転車を飛ばして、友達のお姉さんのカフェに寄り道し、
さらにほくほくと降り始めた雨の中を、自転車を飛ばして帰っていった。
[PR]

by ideakico | 2012-11-12 23:07 | 日記
2012年 11月 07日

いつものおひるごはん

b0145577_8101629.jpg
「ダル・スウプ」「味噌パン」「焼き南瓜&エリンギ」「色々間引き菜」「畑の完熟トマト」

ここ数年の変わらぬ目標は、「我が家の家庭の味」を作る。
といっても、毎回素材によって、調理法も分量も変えてしまうテキトー我が家ゆえ、
同じ味は、2度と作れないのだけれど・・・・
(だってさ、野菜など素材の味は、作り手や季節によって俄然として違うのだから、しょーがないでしょ?)

たとえば、お味噌汁のかわりの「味噌スウプ」(味噌スープ)。
ウチの垢ぬけないパンには、やっぱりコレだもの。
具はその時あるもの何でもいいのだけど、
ネパールの味噌汁的存在・ダルスープみたいな、豆と野菜の味噌スウプが特にお気に入り。
b0145577_8233218.jpg

      (「焦げが隠し味!」なのも我が家の味?塩だけで十分おいしい焼き野菜)

それに、「マフィンのようなもの」や「スコーンのようなもの」。
これまた使用する粉によって変わってしまうので、同じものは作れないのだけれども、
共通して言えることは、男の子ちっくな豪快大味ということかもしれません。
b0145577_8242517.jpg

      (ぱっくり横割れした味噌パン。この不細工さ加減も重要)

様々な国の料理法や、絶え間なく発表されるあらたな調理法。
色々なものにチャレンジして、取り入れてみることも素敵だけれど、
振り回されずに上手に身につけて、「家庭の味」を増やしていきたーいと思うのです。

b0145577_8244376.jpg

      (朝っぱらから「真っ白!」とこーふんしていた誰かさん。今朝は、向かいの山が見えないほどの濃霧)
[PR]

by ideakico | 2012-11-07 08:30 | ごはん
2012年 11月 03日

近頃のはっと

b0145577_211590.jpg
はっと思い立って・・・は、よくあること。
最近は、「はっと思い立って、麻の実スコーン」。
はっと思い立ってあわてて作ったものだから、形もぶさいくだけど、さくさくほろ苦くておいしーの。
b0145577_2164560.jpg
これまたはっと思い立って、麻の実スコーン。
パンを2次発酵させている間に思い立ったものだから、少しはましな形に。
パンは各自好きなようにトッピングだから、彼はじゃが芋ピザに。
私はスコーンに気をとられて、結局何ものせずに。
それと、キャベツの味噌煮スウプと蒸し芋。
今シーズン初の安納芋は、じっくり時間をかけて、低温で蒸して。
でも、うーーーん。
やっぱり紅東か小金千がんのほうが好きかも・・・・

そろそろストーブで焼き芋の季節。
[PR]

by ideakico | 2012-11-03 21:20 | ごはん