goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 17日

来る日も来る日も

b0145577_13393585.jpg
「このごろフォカッチアを作ってくれないネ・・・」なんてもんだから、
久々に、フォカッチア。
それと、我が家の定番・味噌スウプ。
今日は、ダルと人参で、大好物な黄色いスウプ。
トッピングに、カリカリにした大蒜と、庭のあさつきを。
あと、大家さんのオクラをニョロッと。
ついでに作ったマフィンには、自家製ショウガシロップをたっぷり入れて。

『生姜のマフィン』
材料●全粒粉・薄力粉・オートミール・豆乳・油・酢・重曹・塩
それに、生姜シロップ(生姜と同量の甜菜糖を水を加えて煮る)と
煮出した後の生姜を細かく刻んで、たっぷり入れて。

hp.jpg

おとといの新月の日。
畑帰りの夕焼けぞらに、
海沿いの人々は、空を眺めてニコッと笑っていたり、
目を細めて、うっとりしていたり。
はたまたあわてて写真を撮っていたり。
私はというと、自転車を走らせながら、むせかえるような雲の絨毯に、吐き気がしたのだけど、
うれし涙が出そうになって、
「私の愛する人々は、この夕日に気づいているのだろーか?」なんて、
おせっかいな考えをふくらましたりしてた。

今日は三日月。
餌付けした葡萄を召しあがったあとに、じっとたたずむリス。

りす.jpg

[PR]

by ideakico | 2012-10-17 07:10 | ごはん
2012年 10月 17日

来る日も来る日も

b0145577_13343134.jpg
「このごろフォカッチアを作ってくれないネ・・・」なんてもんだから、
久々に、フォカッチア。
それと、我が家の定番・味噌スウプ。
今日は、ダルと人参で、大好物な黄色いスウプ。
トッピングに、カリカリにした大蒜と、庭のあさつきを。
あと、大家さんのオクラをニョロッと。
ついでに作ったマフィンには、自家製ショウガシロップをたっぷり入れて。

『生姜のマフィン』
材料●全粒粉・薄力粉・オートミール・豆乳・油・酢・重曹・塩
それに、生姜シロップ(生姜と同量の甜菜糖を水を加えて煮る)と
煮出した後の生姜を細かく刻んで、たっぷり入れて。



おとといの新月の日。
畑帰りの夕焼けぞらに、
海沿いの人々は、空を眺めてニコッと笑っていたり、
目を細めて、うっとりしていたり。
はたまたあわてて写真を撮っていたり。
私はというと、自転車を走らせながら、むせかえるような雲の絨毯に、吐き気がしたのだけど、
うれし涙が出そうになって、
「私の愛する人々は、この夕日に気づいているのだろーか?」なんて、
おせっかいな考えをふくらましたりしてた。

今日は三日月。
餌付けした葡萄を召しあがったあとに、じっとたたずむリス。
[PR]

by ideakico | 2012-10-17 07:10 | ごはん
2012年 10月 06日

髪飾りを買って

なんだかつかれたなって、打ちひしがれたりしても、
深く蒼い海や広い空、元気な野菜やフカフカの土とふれ合えば、
単純な私は、もうごきげんになれる。
b0145577_13422223.jpg
でもしかし、そこまでも行き着かない時・・・
身も心もちょーし悪くって、手も顔もボロボロで、
常にどこかしら痛みを伴っていて、お酒も飲めず、お菓子も作れず、
「もし許されるのなら、誰にも会わず、布団にくるまって眠っていたい」ってゆーような、
どうしようもない時は、人生の「塩」や「スパイス」とゆーことで、認知してあげるしかない。
塩のタイミングを逃したイタリア料理は、素材の輪郭がぼやけて、インパクトに欠けちゃうし、
スパイスの足りないエスニック料理は、ふぬけで物足りない気もする。
そうそれに「幸せじゃなきゃ罪」ってわけでもないから、その時その時を受け入れて、
できる事をしていかないと、足元をすくわれちゃうし、やってらんない。
ような気もする。

幸運なことに、今はその「塩」や「スパイス」な時期ではなく、
外に出る気力・体力もあるから、今日も海・空・土。
自転車を飛ばして、あの海が見える畑に行く。
今日も自分より大きなものや大きな力を目前にして、
私だってちっぽけだけど生きててよかった、なんて思ってしまう。
[PR]

by ideakico | 2012-10-06 22:10 | 雑記
2012年 10月 01日

全ては空のせい

昨夜は「ぷはーっ」ってゆーのがやりたかった。
b0145577_1443799.jpg
仕事が終わって、電車に飛び乗る。
らっきー、00分の間に合ったー、なんてのんきに浮かれていると、
「運転を見あわせます」とのアナウンス。
どっか駅の外で時間をつぶすこともできるのだけれど、
すぐ動くことに期待を馳せて、とりあえず車中で読書をすることに。
(こーいう時、分厚い「食の終焉」なんて本を持っていてよかった!)

しかし・・・・「運転を見あわせます」こと、3時間と25分。
やっとのことで、のろのろと歩みだした赤い電車の中で、
「読書がはかどったのは嬉しいのだけれど、今日は棚卸だったし、結構つかれているかも」なんて、
しみじみと思いをはせる。
そう思いだすと、つかれてかわいそうな自分に、お疲れさまの一杯をご褒美したくなってきた。
本来ならば中秋の名月ちっくに、とろんとした濁り酒とかをクイッといくのが粋なのだけど、
でも今夜は、つかれたサラリーマンみたいに、ぷはーってゆーのがやりたくなって。
最寄りの駅から鉄砲玉に、某お酒売り場に飛び込んで、サラリーマンっぽいのを一本。
ふだんはあまり好まないビールなんぞを購入する。

帰る道すがら、プシュッと栓を開けて、ぐびっと大きな一口。
「ぷはー」
ついついついに、念願のぷはーをやってみると、なんだかおかしくなっちゃて、
一人でくすっと笑いだす。
ぐびぐび、ぷはーっといきながら、山の上の我が家の目前まで辿り着くと、
速足に流れる雲から見え隠れする、まん丸お月さま。
家の目前で、しばしお月見。
つかれているってゆーのにね。


上の写真は、折れた柿の枝。
この大事な柿の木の枝をへし折ったのは、強風?
それとも、この子のしわざ・・・?

りす.jpg

[PR]

by ideakico | 2012-10-01 22:10 | 雑記