<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 24日

小さなできごと

地元のスーパーの、「神奈川の野菜コーナー」にて。
大きな大きなオクラと出会った。一目惚れした。
「こんなに大きなオクラ、彼に見せてあげたいっ!」
だって今夜遅くに、彼が北陸ツアーから帰ってくる。

結局彼が北陸から帰ってきたのは、明け方になってしまったのだけど。
出勤前の準備で、どたばたしている私に、
「ただいま。あのね、お土産がある」と、ビニール袋。
「富山のスタンドで、大きなオクラを見つけて・・・」

b0145577_2155361.jpg


遠くの土地にいたのに、おんなじこと思っていた。
おたがい「大きなオクラを見せてあげなきゃ」って思っていた。

b0145577_2155469.jpg


左が富山のオクラで、星型。右が神奈川のオクラで、丸型。

「富山のオクラ」は、グリルで焼いてから切って、
玉葱・味噌・ピーナッツ・メープルシロップ・酢で和えた。
カイワレの白い部分と、生の小松菜を敷いて、その上に乗っけていただく。
「神奈川のオクラ」は、エリンギや揚げと一緒に、ココナッツ煮に。
硬めに炊いた玄米に、カイワレの葉を添えて、
全てをまぜながらいただく。

b0145577_2155452.jpg


長く連れ添っていると、
ちいさく不思議なことが時々あって、おかしーの。
[PR]

by ideakico | 2010-08-24 17:08 | 雑記
2010年 08月 22日

夜明けのラタトゥユ

また今年も、大好きな夏。
いかないで。
近所の並木道や、裏山の豪邸の敷地、
そして、我が家のベランダ。

b0145577_2155230.jpg

三水の里から、夏はやっぱりガブリエルとトマトが送られてくる。
まずは、生のままマリネにしたり。簡単にグリル焼きしたり。
「でもやっぱりラタトゥユを作りたい」
夜中ベッドの中で、そう思い立つ。
「明日は休日だから、お昼にキンキンに冷えたラタトゥユを食べるんだ」

b0145577_2155275.jpg

あさ6時に起き、顔を洗い、早速とりかかる。
ニンニクを弱火でテンパリングしながら、玉葱を刻み、
ガブリエル、トマト。ハーブは3種類。
お昼ごろには、茄子が宅配野菜で届くはずだから、
焼いて後で添えよう。
あぁあと、冷蔵庫で寝かせてあるパン生地は、フォカッチャにしよう。

出来上がったラタトゥユは、氷水をあてて冷やし、
茄子とフォカッチャを焼き、レタス&小松菜を山盛り・一人前。
「週に一度はトマト料理の日」なはずなのに、
夏は、週に2度3度と、ぶれいこう。
だから夏、やっぱりだいすき。

b0145577_2155276.jpg

[PR]

by ideakico | 2010-08-22 09:08 | 雑記
2010年 08月 10日

色んな国々

一昨年、印度人やネパール人が料理するのを、傍らで眺めていた時期があった。
そして、あぁやっぱり家庭料理って、世界どこでも似ているんだなぁ、と、
妙に納得してしまった。
煮る、茹でる、炒める、和える、漬ける、揚げる等等。
「焼く」は、宗教上タブーな国もあるかもしれないけれど、
料理法は、どこの国も似たり寄ったり。
だから私は気負わず、ハーブやスパイスに醤油やお味噌をあわせるし、
地粉でロティ(パン)を作る。

b0145577_2155173.jpg


今までは、夏になるとあくせくと「豆乳甘酒アイス」をしこんでいたけれど、
今年からは、格安・豆乳アイスのお世話になっている。
乳化剤や安定剤は入っているけれど、でもでもうれしい100円台!
今まで豆乳アイスといえば、某自然食品屋や某マクロビショップで売っている、
おたか〜〜〜〜〜〜いものくらいだったものね・・・・
私は「豆乳アイス」のチョコ味を、彼は定番「MOW」の苺味を、一口交換しつつ、
「苺とチュコレートって、王道を行く組み合わせだね!」って、
キューバのあの映画は、切なかったけれど。
濃厚に甘くも、でも、切なかったけれど。
[PR]

by ideakico | 2010-08-10 17:08 | ごはん
2010年 08月 10日

オトナの楽しみ

今年の夏は、トウモロコシは2週間おきと決めている。

b0145577_215502.jpg


毎年毎年食べ方はおんなじで、
2本を蒸して、半分に切って、違うもの同士、上下を交換して、
「こっちのほうが甘いね、でもこっちのほうが実がプチプチしてるね」と、
2本を比べながら食べるのだ。
そして、毎度の私の決まり文句は「あぁオトナになってよかった」。
だってオトナは、好きなものを好きなだけ食べれるもの。

忙しいけど、料理好きな家庭に育った3人兄弟の私達は、
色んなおいしいものを、奪い合いしていた思い出がある。
生クリームを泡立てた後の「泡だて器」は、
台所の流し場へ出す前に、兄弟で競い合ってベロベロ舐めまわしてたし、
みんなで包んだ蒸したてのシューマイや、兄弟でトッピングした焼きたてのピッツァは、
大皿に移し変える間もなく、アチチ状態のものを、
蒸篭や天板から、取り分けていた記憶がある。
それもまた、子供時代の楽しい思い出だけど、今は今でオトナを楽しみたい。
だから、トウモロコシは一人一本。
奪い合うことなく、仲良く上下を交換して。

b0145577_2155114.jpg


たんこぶじゃが芋も、最初は彼のお皿に乗せていたけれど、
「やっぱり私が食べるの!」と略奪。
しかしオトナだから、そんなことではケンカしない。よね・・・?
[PR]

by ideakico | 2010-08-10 08:08 | ごはん