goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 28日

いつかいつかの夢

大岡川の桜は、まだ咲かない。
川沿いの提灯が灯り始めると、この景色を愛したYさんを思い出す。

一人で横浜に引越してきた当初は、
「植物で季節を感じることができる」ということに、感激していた。
それは、山全体の色だったり、街中の樹木だったり、
人の庭の花々や、足元の小さな野草だったり。
この時期になると、梅や菜の花、クローバーやゼラニウム・・・
小さな花たちが息づき始め、桜もちらほら咲き始める。
さらに桜が満開の時期になると、もぉどこを歩いていてもピンク色なもんだから、
頭はピンク。浮かれポンチ。
「日本に生まれてよかったなぁ」などと思ってしまう。
そして「いつか天国へ行ったら、Yさんとお花見デートしたいなぁ」などと夢見てしまう。

b0145577_2082524.jpg

『フォカッチャと白パン』
(材料●白い小麦と大麦。それと酵母や野菜とか)
『ほうれん草グラタン』
(材料●ほうれん草・豆乳・酒粕・麦味噌・胡椒)
『黄色いスウプ』
(材料●南瓜・人参・玄米・オリーブ油・塩・カルダモン)
ピューレにしてから炒めたものと、蒸してからピューレにしたもの、昨夜の残り。おいしいスウプに。
[PR]

by ideakico | 2009-03-28 22:03 | ごはん
2009年 03月 25日

どどーんっていうのは、うれしい

近頃、マフィンが暴走中。ほんの少しの重曹と、秘密のオマジナイのお陰。
b0145577_2082653.jpg

(材料●岐阜の小麦・そば粉・パインジュース・豆乳・胡桃・菜種油・ローズマリー・重曹・塩)

b0145577_2082653.jpg
バイト先の、存在感ある『そば粉』。少し配合するだけでも大満足なの。


夜は、目を覚ましつつウトウトしつつ、手をかきむしるので、
朝起きると、血だらけでヒリヒリ・・・
毒抜き薬抜き治療」をする前の数年間は、季節を問わず年中そんなんで、
傷だらけの手に薬をベトベト塗っては、バイトへ行き、
休みの日は手袋をはめて、イラストの仕事もしていた。
治療後は、その血だらけ状態が一年の中で数ヶ月になり、程度も軽くなり、
「あぁ、よくなっているんだなぁ」と、しみじみ思けれど、
もう、完全に治ることは、期待していない。

左手すらひどすぎて、パンを成型できない日は、
手袋をはめて、麺棒をコロコロ。
薄くまるーーく伸ばしてね。
フォカッチアもいいけれど、今日はフライパンで焼こう。

b0145577_2082668.jpg


どーーんと、大きなフライパン焼きパン。
ホットケーキやパンケーキとは違うんだけど、
なんだか懐かしい味で、小さな子供に戻った気持ち。
こーいう大雑把で素朴なものって、自分の原点な気がする。
[PR]

by ideakico | 2009-03-25 22:03 | 薬抜き毒抜き日記
2009年 03月 22日

自分をきらわないで

手作りジャムをいただいた。
素材を尊重した味は柔らかで、添えられた手紙は温かい。

b0145577_2082577.jpg


相変わらず、手は痛い&痒いの炎症起こしまくりなので、
手袋2重着用でお料理だし、パンは片手で成型している。
まぁ今さらね・・・そんなことはさておいて!

勤務地が変わりました。とゆーか、もとの古巣に戻りました。
なので、リラックスしまくりで、ポカーンと脱力。
これで五体満足だったら、人生文句なしなんだけれど・・・
「それはもう期待するな、夢見るな」と、ちょうど一年前に決意したので、
今は、これで良しとしましょう。
下手な向上心を持つよりも、現状を受け入れて腹をくくったほうが懸命な時期もあります。
痒いのも、痛いのも、不自由なのも、自分。
これが自分だから、しょーがないのです。
まぁ今さらね・・・そんなことをぼやいてないで!!

バイト先のキャベツが、人参が、粉が、おいしくってウキウキしちゃう。
すてきな素材を手にすると、痛みよりも、幸せのほうが幅利かせてしまう。
b0145577_2082671.jpg


『人参ポタージュ』
(材料●人参・玉葱・コーングリッツ・酒粕・カルダモン・塩)
『キャベツ&エリンギのミルフィーユ』
(材料●キャベツ・エリンギ・麦味噌・クルミ)
トッピングしてあるのは、家で育てた人参の葉っぱ。
『フライパン焼きしたオートミールパン』
(材料●岩手小麦・オートミール・天然酵母・甜菜糖・塩)
『白パン』
(材料●北海道小麦・天然酵母・甜菜糖・塩)
驚異的にコクのある粉を使ったら、天国にのぼっちゃいそうなほどおいしく焼けた。
[PR]

by ideakico | 2009-03-22 23:03 | 薬抜き毒抜き日記
2009年 03月 13日

いほうじん

時々・・・「社会性」のあるオトナの方に、
「あなたは常識に欠ける」みたいなことを言われて、呆れられます。
たしかに・・・義務教育すら危うかった私なので。
学校教育とは裏腹に、赤信号も車が来なけりゃ渡ります。
それに、回りくどかったり、裏表ありすぎるのも苦手なので、
思ったことを、結構はっきりと言ってしまいます。
さらには、「皆と同じにしていれば安全」とかいう防衛能力もありません。

b0145577_2082452.jpg


こう書き綴ってみると・・・たしかに「社会的な常識」ないですネ!
でもね、こんな私だって、もう何十年も生きてきているんです。
それに家を出て、もうかなりの長い月日が流れているんです。
だからどうか、「そんなんで、よく今まで生きてこれたわね」って、
不思議がるのはやめてくだちゃい。プリーズ。


『困ったちゃんフォカッチャ』
(材料●北海道小麦&全粒粉・玄米粉・天然酵母・オリーブ油)
アスパラとブラックオリーブを乗せてみました。

『車麩ステーキ&胡桃味噌』
『茹で菜の花』
『じゃが芋&青海苔のスウプ』
[PR]

by ideakico | 2009-03-13 22:03 | ごはん
2009年 03月 11日

つらいときはつらいと言う

相変わらず、手は痛い&痒いから、手袋2重着用しないとお料理できないし、
夜は、手を抱きしめて眠る日々。
でもね、去年のように、ジタバタもせず、去年のように、鬱々落ち込みもせず
今年は、開き直り。

今まで、食事療法的なものも含め、様々な治療法を試行錯誤してきたけれど・・・
代替医療の本も、読み漁ってきたけれど・・・
あーだこーだ考えて、ジタバタあがくことにも疲れたので、
今年はね、でーーーんとね。開き直りなのです。
現状から脱することを考えるよりも、現状を受け入れて。軽く諦めて。

b0145577_2082385.jpg


『黒えんどう豆のバーグ』
(材料●豆2種類・玉葱・大蒜・パン粉・粉・ナツメグ・塩)
一個一個成型できないから・・・どーーんと大きな豆バーグ。

『モチモチしたもの』
(材料●摩り下ろした新ジャガ・柔らかく茹でたブロッコリー・塩)
フライパンに油ひいて、ジャガ芋を練るように加熱する。
火が通ったら、ブロッコリーを裂きながら加える。
これだけなんだけど、蕎麦がきみたいにモチモチしていて、おいちいの。

『フォカッチャ』は、ライ麦。『スウプ』は、秘密のスウプ。


b0145577_2082395.jpg


↑開き直るのも、いい加減にしろな食事。
スパイスやハーブを多様。(豆とココナッツのカレー)
焼き物食べすぎ。(毎日のように、フォカッチャや平焼きパンを作ってる気が)
種子類は、各自好きなだけトッピング。(しかし、誰かさんのトッピング具合には負けたよ)

花粉症で鼻水ジュルジュルの人も、つらいと思うけれど、あと数ヶ月の辛抱だからね。
お互い辛抱、または開き直りましょー。(逃げたいのは、やまやまだけどね!)
[PR]

by ideakico | 2009-03-11 21:03 | 薬抜き毒抜き日記
2009年 03月 06日

降っても晴れても

b0145577_2082146.jpg

タアサイでも、高菜でもありません。
これは・・・バイト先の、おばけ・ちぢみほうれん草くん。
さっと茹でて、2日間使いまわし。
b0145577_2082237.jpg

1日目は、彼のリクエストで『豆乳クリームパスタ』に。
クリーミィな豆乳&酒粕ソースと、肉厚なほうれん草。すてき。


2日目は、シンプルに『ほうれん草とひよこ豆のソテー』。
菜種油でひよこ豆をコロコロ炒めたところに、軽く塩して、
ほうれん草を加えてから、お醤油を回しがけ!
ほうれん草がシャキシャキしてて、元気な一皿。
スウプは定番『ダル・スープ』。我が家の、味噌汁的存在。
パンは、昨夜仕込んだライ麦ベースのパン生地を、
半分はナマコ型にして焼いて、もう半分はあまーーいピザに。
b0145577_2082260.jpg

『スイートピザ』
(蒸した薩摩芋&焼いた茄子を並べて、メープルシロップ&菜種油をたっぷりかける。
オレガノを散らして、オーブンでカリカリに焼く。彼のピザには、チーズも乗せてあげた)
菜種油よりも、オリーブオイルのほうがよかったけれど、切らしてたの。
オレガノもいいけれど、ローズマリーでチャレンジしてみたいかも。


春ゆえに、体が排出したがっている。
冬の老廃物や燃焼し切れなかったものを、排出したがっている。
細胞も、ムズムズ目覚め始めている。
がんばれ。私の体。もうちょとの辛抱。痛いの辛抱。痒いのも、不自由なのも辛抱。
[PR]

by ideakico | 2009-03-06 22:03 | ごはん
2009年 03月 02日

今日のかわいこちゃん

イタリアではポピュラーなカリフラワー「ロマネスコ」。
渦うず、ミクロなルックス。
花蕾の部分は硬めに茹でて、葉や茎の部分も捨てずに、柔らかく茹でておく。

b0145577_208206.jpg


一日目は、香ばしく揚げ焼きした薩摩芋やペンネと一緒に。
ハーブ&大蒜で香りつけして、白ワイン&ペンネの茹で汁をジュッと。
塩は、随所でタイミングよく。仕上げに、粗挽き胡椒をガリッ。

b0145577_208212.jpg


お皿に乗っかってるパンは「そば粉&ナッツのパン」。
手が痛いので、成型ハチャメチャ。
手塚治虫の描くヒョウタンツギ(だっけ?)みたいになっちゃった。
白いお豆腐の上に乗っかってるのは、「長ネギのマリネ」。
さっぱり目の長ネギは、結構ディルシードと相性がいいみたい。
でも今度は、タラゴンでやってみたいなぁ・・・

次の日は、トロンと柔らかく茹でた葉っぱや茎を、そのまま食べたり。
その次の日は、硬めに茹でた花蕾を、トマトと一緒に柔らかく煮込んだり。
一日で食べ終わっちゃうのが勿体無いから、何日かにわけて料理するの。
ロマネスコ、サンゴショウ。かわいい蕾ちゃん。


昨日は、展示のお手伝いのため、銀座のJ−POWERさんへ
とっても濃い内容なのに、無料でしゅ。
それに、毎日先着100名様に葉書のプレゼントも・・・
なので、ぜひ!
[PR]

by ideakico | 2009-03-02 22:03 | 野菜ソムリエ