goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 30日

炒飯を作るとき

「いかにベトつかせないで、パラパラに仕上げるか」という事に、
情熱を注ぐ人は、多いいのかもしれない。
しかーし、玄米食の人はご存知の通り「お冷玄米ご飯」は、
特に情熱を注がなくとも、簡単にパラパラになる。
二日前の、冷え冷え玄米ご飯なんて、とおってもパラパラ。もぉ、あおりまくりだもんね。

b0145577_2075737.jpg

あっでもそれ以前に、私は「パラパラ炒飯」よりも「おこげ炒飯」が好き。
「炒める」んじゃなくて、「焼きつけて」から少しほぐす程度のやつ。
お煎餅みたいにカリカリしたおこげがアクセントになって、
具なんていらない!ってくらいに、すてき。
それに具を入れるとしても、一緒に焼きつけちゃえばいいから、あおったりする体力もいらないしね。
だから「おこげ炒飯」は、疲れた時の一人ご飯には、最適なのです。

『セロリの炒飯』
セロリの茎は斜め切りし、葉は手でちぎっておく。
油をしいたフライパンで、玄米ご飯を焼く。(ほぐさない!)
お煎餅みたいな香りがしてきたら、空いている場所にセロリの茎をならべ、
色が鮮やかになったら、葉と塩を加え、粗くほぐしてお皿に盛る。
バイト先のセロリちゃんは、もぎたての青林檎みたいなお味。

b0145577_2075771.jpg
『水菜・小松菜・アボカドのサラダ』
水菜と小松菜は、冷たい水に放って、元気にしてあげる。
葉っぱちゃんたちが元気になったら、葉っぱはザク切りや斜め切り。
アボカドは適当切りして、お皿に盛る。
山葵醤油か柚子胡椒醤油をかけて、アボカドを潰しながら食べる。

最近、生の小松菜がお気に入り。




今日のカリカリ炒飯を美味しくしてくれたのは、
圧搾法・一番絞りの菜たね油ちゃん。
これもバイト先のもの。
[PR]

by ideakico | 2009-01-30 22:01 | ごはん
2009年 01月 29日

日々

b0145577_2073367.jpg
プチプチプチプチ。
豆腐ステーキ・とんぶりソース。
ちゃんとお皿に盛り付けて食べ始めるのだけど、
途中から「えいっ!」って、玄米ご飯に乗っけて、
汁だく・とんぶり丼にして食べる。
お家ご飯って、楽しいの。


b0145577_2073331.jpg
紅東のザブジを作ろうと、
3種類のホールスパイスをテンパリングしているうちに、
あれもこれもと、どんどんスパイスやハーブが増えていき、
なぜだか、ムング豆やレンズ豆まで加えていき、
「・・・今日はカレーでいい?」となりました。

シャキシャキしているけど、はかなく柔らかい小松菜は生のままで。
ふじ林檎と一緒に、オイル和え。


b0145577_2073331.jpg
b0145577_2073386.jpg

「ヒゲおじさん」ことダーリンと、甥っ子。愛しいおとこたち。


b0145577_207338.jpg
春の足音。もう少し、咲かせたい。
[PR]

by ideakico | 2009-01-29 08:01 | 雑記
2009年 01月 22日

フェティッシュ

もう、お気づきかもしれませんが、
我が家はかなりの「食感フェチ」です。

b0145577_2073155.jpg

『ちぢみ小松菜&長芋の豆乳クリーム煮』
(作り方●長芋をトロトロに蒸し煮したら、酒粕を溶き入れ、豆乳・小松菜も入れる。
小松菜のシャキシャキ感と青臭さが残るうちに火を止め、お皿に盛り、胡椒を挽く。)
バイト先で、美味しい酒粕を大量入手したため、当分酒粕つづき。

『コロコロ根菜炒め』
(作り方●野菜は全てサイコロ切り。
たっぷりのオリーブオイルで、金時人参・牛蒡・アニスシードを焼付け、
金時が鮮やかな色になったら、ひき出し塩をして、蓮根を上に重ねる。
蓮根の色が変わったら、南瓜の種を加えて、ジャッとひと混ぜして、
白ワイン・バルサミコ酢・醤油を回し入れ、ゆすって水気を飛ばす。
仕上げに、ほんの少しの引き締め塩をして、お皿に盛る。)

トロンとした金時人参。コリッとした牛蒡。シャキシャキ蓮根。
これを「モチモチ・フォカチア」に挟んで食べる。さいこー。
「フォカチア」「フォカッチャ」「フォッカチア」
毎回ちがう言い方している気が・・・しないでもない。
ちなみに今日のは、全粒粉・ライ麦・玄米粉に、さっぱり系ハーブ2種類。


今日もまた、死を待つ人に会いに行く。
感覚も薄らいでいるはずの足を、「痛い」と言うから、
私はずっと、彼女のふくらはぎに手をあてていた。
痛みの中に、消え入りそうな生命が宿っているのを感じた。
別れ際に、冷たくなった彼女の指先を両手で包み込むと、
もう、私のことすらよく見えていないはずなのに、
「あなたはきれいね」と大きく笑って、小さな瞳を閉じた。
「さみしいわ」と言われたけれど、どうすることも出来ない。
無心になりたくて、歩きつづけていると、私のかわりに空が泣いた。
[PR]

by ideakico | 2009-01-22 21:01 | ごはん
2009年 01月 18日

日々芋芋洋食つづき

b0145577_2074998.jpg
たまたま2人ともお休みだったから、
ちょっと遠出して、以前から行きたかったお店へ行ってみる。
男の子が一人で切り盛りしている、その「小さなお店」は、
出てくるもの全てが、優しく洗練されてて、愛情深い。
「食」に限らず、どんな仕事に関しても言えることだけど、
仕事っぷりが誠実で真剣なのって、快い。

すてきなご馳走のお陰で、心もホカホカだからって、
海沿いを何駅も散策してたら、さすがに冷え冷え。
何となく「クリーミィなもの」が食べたいなぁって、
今日もまた、こってり洋食メニュウ。(だけど、全て植物性。)


b0145577_2075023.jpg
ほうれん草の酒粕パスタ
(材料●ほうれん草・酒粕・白ワイン・カシューナッツ・
大蒜・柚子胡椒・ほんの少しのオリーブオイル)

里芋のクリームグラタン
(材料●里芋・豆乳・味噌・胡椒)

紅東と豆腐のスコーン
(材料●地粉・豆腐・薩摩芋・甘酒・重曹・塩)

グラタンやパスタ、それにスコーン。
こってりメニュウだけど、油はパスタに少ーーし使っただけ。
パスタは、酒粕と数粒のナッツのお陰で、充分濃厚だし、
クラタンは、じっくり蒸した里芋のお陰で、とろーりクリーミィ。
スコーンは、粉と同量のお豆腐を入れるから、しっとりしてしまう。
おいしーよ、やってみて。分量は、てきとーにね。
[PR]

by ideakico | 2009-01-18 23:01 | 雑記
2009年 01月 17日

我が家の鉄則

それは・・・『週に一度はトマトソース料理を作る』こと。

でも、体を冷やすトマトちゃんだから、夏と冬では調理法を変えるけれど。
冬は、地面の下で育った野菜や雑穀とかと一緒に、ストーブの上でコトコト重ね煮。
そんで仕上げに、葛粉でとろみをつける。
今回は、ピクルスみたいな風味にしたかったから、
月桂樹とオレガノ、ディルシードをきかせたら、おいちかった。
b0145577_207465.jpg
パンは、大麦若葉の丸パン。
過剰なほど、けしの実入り。プチプチ楽しい。
デザートは、薩摩芋のココナッツプリン。
甘味の強い1月の薩摩芋は、何もしなくても美味しいのだけど。

『週に一度はトマト』に加えて、
『2週に一度はフォッカチア』も鉄則。
そして新たに、『ほっこりデーには玄米味噌パン』。
b0145577_2074655.jpg
芽キャベツ・大根・ムング豆のトロトロしたスープに、
クリーミィな里芋&長ネギのデイップ。
「キナコ入り味噌パン」に合わせて、ほっこりメニュウ。

そろそろ手がやられてきたから、作れるだけパンを作ろうっと!
[PR]

by ideakico | 2009-01-17 21:01 | ごはん
2009年 01月 14日

捨てると拾う

干からびてしまった聖護院ちゃん。
ワケありの、いただきもの。
b0145577_2075165.jpg

根の真ん中のほうは、大蒜をテンパリングした油で、じっくりグリルして。
仕上げに醤油&バルサミコ酢。ジュッと焦げつかせる。
上下は、炒めた長ネギやナッツと共に柔らかく煮て、ポタージュに。
(材料●聖護院・長ネギ・エノキ・カシューナッツ・白味噌・醤油)
干からびてなければ、上の方だけポタージュにして、
下の方は、スパイシーなサラダにしたいのだけど。
皮は、痛んでいないところだけチップスにして、グリルしたものに乗っけて。
ほんの少し付いてた葉っぱは、サッと茹でて添え物に。
b0145577_2075232.jpg
緑色のは、玄米ヨモギパン。
パツンパツンに、元気よく焼けました。
茶色いのは、最近中毒気味の、玄米味噌パン。
レーズン入れて、ふわふわ優しく焼けました。
ぼこぼこしてるのは、胡桃&ローズマリーのマフィン。
ノンオイルだけど、しっとりもちもち焼けました。
なんでこういうの、普通に売っていないんだろう?
動物性の素材を使っていないから、アレルギーの人だって食べやすいし、
油や砂糖を使っていないから、食事制限している人だってイケるはず。
でも・・・一般的には、素朴すぎて物足りないのかなぁ?
それとも・・・私たちの味覚が、おかしいのかなぁ??
時々ちょいと、不安が頭をよぎりますが、
「自分たちが美味しくて幸せならいいや!」と開き直ります。

今日もたっぷりごちそうさま。
[PR]

by ideakico | 2009-01-14 23:01 | ごはん
2009年 01月 12日

毒毒メルヒェン

思うことあって、夜更けのクッキー。

b0145577_2074031.jpg

粉と水と油を適当に混ぜて、無心に型抜きしてるうちに、
「思うこと」は、どこか忘却の彼方へ。
そして、オーブンから粉の香りが漂ってくると、もうニッコリ顔。
お菓子の魔力って、すばらしーの。

b0145577_2074079.jpg

クッキーの香りや、毒毒しい色合いの食事。
相変わらず30代カップルの家庭とは、思えないけれど。
時々はね、眉間にシワよせて「思うこと」を思ったりもするのよ。
数時間と、もたないけれどね。

(ペンギン型は、私の趣味ではありません)
[PR]

by ideakico | 2009-01-12 22:01 | 雑記
2009年 01月 10日

おばけパン

『黄粉入り玄米味噌パン』
うん、これも美味しくってやめられない。
『おばけパン(そば粉パン)』
ニコちゃんマーク、失敗。ちょっと怖い・・・
『焼き紫芋』
じーーーくりとフライパンで焼いただけ。
『焼き厚揚げ』
今日は、絹ごし豆腐の厚揚げ。お上品。
『白菜と長ネギのスープ』
白菜・長ネギ・大蒜を重ね煮して、トロトロになったら、
豆乳・白味噌・甘酒で少し煮る。
仕上げに、醤油で味を引き締め、葛で柔らかなトロミをつける。

b0145577_2073094.jpg
連日の過密スケジュールが一段落した彼のために、ほっこりメニュウ。おばあちゃまが作るようなパンや、体に染み染みするスープ。焼き芋やお揚げを、ちびちびとつまみながら。はぁーー、お疲れさまだったねぇ、とかなんとか。
続いていく人生やら生活やらを、
立ち止まらないで、
突っ走る時期もあるけれど、
今は止まり止り。
足元を確認しつつ。
なんでだろう。そんな気分。
[PR]

by ideakico | 2009-01-10 22:01 | ごはん
2009年 01月 06日

静かに体を見つめる

アトピーになった初めの数年間は、一年中『手』が悪かった。
でも、様々な治療や、生活改善や、
周りの人たちの温かな心遣いのお陰で、年々良くなり、
一昨年は秋の2ヶ月間だけ、『完璧に良い状態』になった。が、悪化して、
去年の夏過ぎから、『結構良い状態』に回復し、今も続行して良い。
しかし、1月下旬から悪くなることはわかっている。

体に『冬の毒素』が溜まり、花粉や埃の飛び出す1月下旬から、
悪化することはわかっている。
あと数週間で『手』がボロボロになっちゃうことは、わかっている。

「悪くなると思っていると、本当に悪くなっちゃう。
それに、楽しい事を考えたほうが、免疫力が上がるもん」って、
今まで数年間は、テンションをあげるように心がけていたけれど。
今となっては「どーせ悪くなるんだから」って思って、何も起こらないほうが、
断然ハッピーだと、冷ややかに感じてしまう。

それに「焼き固めたもの」は体に穏やかじゃない、とか、
果物や小麦や豆乳や油や珈琲やらナンやらは、アレルギーを引き起こす云々、
わかっているけれど、今はそれらを控える気も無い。
だって、ヴィーガン・ベジタリアンなんだからさ、いいじゃん。そのくらい。


素手で素材たちにさわれるうちに、さわりまくっとく。「大好きよ」って、話しかけながら。
b0145577_2074253.jpg
『玄米味噌パン』 これ大好き!粉・酵母・味噌・蜂蜜だけで、なんでこんなに美味しいのだろう。
『お豆腐のドロップ・スコーン』 ノン・オイルだけど、しっとり。
『北海道なスープ』 芽キャベツ・男爵・玉葱・コーンを、ハーブでコトコト。
『白菜&ふじ林檎のサラダ』 白菜の真ん中は、柔らかくて甘いから、生のままで。
[PR]

by ideakico | 2009-01-06 22:01 | 薬抜き毒抜き日記
2009年 01月 04日

夢はみるな

今年の目標は、あるようでない。
いくら目標を立てたって、いくら夢を持ったって、
「体」が付いて来てくれなければ、達成も実現もできないのだから。
今日出来ることを精一杯。今日傍らにいる人に、たくさんの愛情を。

b0145577_2072920.jpg

大きければケンカしないから、大きなフォッカチア。
(材料●北海道小麦・全粒粉・ライ麦・玄米粉・酵母・塩・甜菜糖・
オリーブオイル・ブラックオリーブ・ローズマリー・ケールの茎)
トマトとレンズ豆のスープ
(材料●トマト・レンズ豆・里芋・麦味噌・塩)
牛蒡とヒヨコ豆のコロコロ炒め
(材料●牛蒡・ヒヨコ豆・アニスシード・バジル・醤油・バルサミコ酢)
ダーリンには、オムレツ。デザートに林檎。
今年は何枚、フォッカチアを焼けるのだろうか。
[PR]

by ideakico | 2009-01-04 21:01 | ごはん