<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 26日

輸入食材店にて

2人で、お買い物してた時のお話

「買ってあげようか」って言って、買い物籠にポンッ。
「あらまぁ、こんな可愛らしいものを。なんて優しいのかしら!」って、喜んでいたけれど・・・

b0145577_2075957.jpg
b0145577_2075924.jpg
b0145577_2075924.jpg

結局レジでお財布を開いたのは、私。
というのも、私がレジに並んでいるうちに、
ダーリンは違う物に目移り(?)してたのか、
はたまた「邪魔になるから」って、出口付近で待っていたのか・・・
何だったか、忘れちゃったけれど。
まぁ、2人で食べることには変わりないから、どうだっていいか。

b0145577_2075961.jpg
『白菜&里芋の豆乳クリーム煮』
白菜&里芋を、じっくりとストーブの上で重ね煮して、
火が通ったら、豆乳とトマトを加えて、味噌・醤油・粗挽き胡椒。
お皿に盛って、トマトや里芋を潰しながらいただく。

パスタやマカロニ料理は、お皿の中で、
食べながら調理するのが、我が家流かもしれません。
[PR]

by ideakico | 2008-12-26 22:12 | 雑記
2008年 12月 24日

誕生

とっても昔のこの時期に、
イスラエルのベツレヘムで、イエス・キリストが生まれた。
そーいえば、ベツレヘムって「パンの家」って意味だし、
「イエス」と「パン」は、関わり深いのね。
イエスは、パンとブドウ酒を、「これは私の体であり、血である」って言ってたし、
お腹すいた人たちの前で、石ころをパンに変えちゃったり、
5個くらいしかなかったパンを、5千個に増やしたり・・・とか。
だから、そんなイエスの誕生祝いには、パンを焼こう!と思ったの。
(じゃなくとも、毎日でもパンを焼きたいけれど)

イエスにちなんで、イスラエルにちなんで・・・今夜はピタを焼いた。
それと、ブドウ酒は飲まないから、せめてブドウたっぷりのライ麦パンも焼く。
それに、本当はイスラエルちっくに「ファラフェル」や、ハモス(フムス)なんだけど、
ヒヨコ豆を切らしていたから・・・
b0145577_2074476.jpg

●青大豆&メークイーンの中東風煮こみ。(プチトマトとオリーブも)
●厚揚げのハーブソテー。
●金平ゴボウ。(輪切り牛蒡に、アニスシード&バルサミコ)
●スイートマッシュポテト。(紫芋で)
ダーリンには、奮発して贅沢して、カマンベール丸ごと焼き!

b0145577_207446.jpg

好きなもの、好きなだけはさんで、ピタもたくさんおかわりして。
今夜も笑えないほど、お腹いっぱい。
[PR]

by ideakico | 2008-12-24 23:12 | 雑記
2008年 12月 22日

珈琲会

八丁堀のギャラリー『七針』にて、珈琲&音楽のイベント「珈琲会」。

珈琲好きな音楽家たちが、目の前で淹れてくれた珈琲を味わいつつ、
お話しつつ、時々演奏も聴きつつ・・・というイベント。
そんなユニークなイベントに、パンとお菓子を差し入れした。

b0145577_2075473.jpg
【「ふじ林檎のケーキ」と「キャロブ豆腐ケーキ」】

珈琲を淹れてくれたのは、吉田隆一・大島輝之・山口コーイチ・酒井俊さん。
「味」を「音」で表現してくれたのは、松本健一さん。

b0145577_2075462.jpg
【「胡桃&そば粉パン」「南瓜&クコのライ麦パン」
「青海苔&白ゴマベーグル」「キャラウェイシード&玄米ベーグル」】

吉田さんと大島は、高速焙煎した豆を、
大穴1つのドリッパー(コーノやハリオ)で、さっと淹れてくれた。
豆の風味が、ストレートに伝わってくる味だった。
山口さんは、ご自身で焙煎した豆を、
フレンチプレスで、じっくり淹れてくれた。
ぎゅーーーんと強めだけど、胃にもたれない味だった。
俊さんは、数十年来愛用しているエスプレッソポットで、
酔ってしまいそうな、甘ーい香りの珈琲を淹れてくれた。

b0145577_2075430.jpg
【こんな風に差し入れ】

私は、吉田さんの奥さんが焼いてきてくれた、家庭的なバナナケーキを、
おかわりしまくって、珈琲も飲みまくって、演奏もじっくり聴いて、
かなりの長い時間を過ごしたはずなのに、あっという間で、
後ろ髪を引かれつつも、一足お先に。帰宅したのでした。
[PR]

by ideakico | 2008-12-22 23:12 | 雑記
2008年 12月 16日

うつろう

国産の西洋南瓜は、そろそろ終わり。
そんで、年明け頃から輸入南瓜が出回りだす。
だから、別れを惜しむように、切なく味わう。
キタアカリや玉葱と一緒に、じっくり重ね煮して、
引き締め塩に香りつけの胡椒。
そんなスープを、お椀でいただく。


キャベツは、春まき・夏まき・冬まきと、
1年で3回も種まきするから、ほぼ一年中出回っているの。
夏に種をまいた冬のキャベツは、巻きが頑丈だったりもするから、
じっくりカラメル色に焼いて、コゲを味わう。

今日のベーグルは、いつもより小さく成型してみた。
チマチマ。おままごとみたいで、ちょっとかわいい。
[PR]

by ideakico | 2008-12-16 21:12 | 野菜ソムリエ
2008年 12月 14日

家庭無き者の、家庭の味

三水の里のYさんの林檎は、あまりに美味しすぎて、
調理してしまうのがもったいないの。
だからYさん林檎に出会ってから、林檎のお菓子を作る回数が減っていた。
けど今冬は、この『林檎ケーキ』を何度も作ろうと思っている。

b0145577_2075862.jpg
私にとって、林檎のお菓子は「おふくろの味」。
アップルパイは、母が作るものが世界一だと信じている。
自分は「動物性の素材」を一切使わないで、お菓子やパンを作るし、
普段は、それが美味しいと思っているけれど・・・・・母のは別。
実家に帰った時に「卵の入った林檎ケーキ」や
「バターを少なめにしたハードなパイ」があると、
大きくカットして、わし掴みで頬ばってしまう。

私には子供がいないから「おふくろの味」はできないけれど、
ベーグルやフォッカチア、それに林檎ケーキが、
自分の味になってくれたらいい。
「わし掴みで食べたくなるような味」になってくれたらいい。
そう思って、今冬初めての林檎ケーキ。

『玄米&ゴマ味噌クッキー』で遊ぶ誰かさん。
b0145577_2075888.jpg

[PR]

by ideakico | 2008-12-14 23:12 | おやつ
2008年 12月 13日

日々

b0145577_2074115.jpg
今年の冬も恒例で・・・三水の里のYさんの林檎を取り寄せる。
Yさんの林檎をかじると、太陽を食べている気分になる。

b0145577_2074166.jpg
ドーナッツじゃなくて・・・車麩のカツ。
玄米&小豆ご飯に、野菜餡かけソースをたっぷりかけて。
丸くてカリカリの車麩を乗っけるだけで、なんてうれしんだろう。
味付けは、お醤油と辛子だけ。じゅうぶん、じゅうぶん。

b0145577_2074160.jpg
最近のお気に入り珈琲は・・・ドミニカ豆の「モンテアルト」。
甘味と酸味のバランスが穏やかで、可愛らしい香り。
ペルー豆「ビラリカ」の次に好きになっちゃったかも。
おやつは、玄米粉やオートミールや白ゴマや、
レーズンやピーカンナッツを、油と水でまとめて焼いたビスケット。
明日は何を作ろうかな?林檎菓子?それとも・・・またフォッカチア??
[PR]

by ideakico | 2008-12-13 23:12 | 雑記
2008年 12月 11日

ムチンムチン、ガラクタン

b0145577_2074326.jpg
『里芋クリームのオーブン焼き』
(材料●里芋・長ネギ・ブロッコリーの茎・豆乳・麦味噌・パン粉)
ブロッコリーの蕾と、モロッコインゲンも一緒に焼いて、
里芋クリームを絡めながら食べる。
温かくてクリーミィな里芋クリーム。さいこー。
里芋のヌメリ成分は、ガラクタンって言うの。

『ほうれん草のジェノバ・ソース』
(材料●ほうれん草・松の実・レモン・オリーブオイル)
お出かけ前だったから、大蒜は抜き。
毎度の事ながら、隠し味はパスタの茹で汁。
ついでに、ほうれん草のライ麦マフィンも作る。
寒くなってきたから、ほうれん草が美味しい。

b0145577_2074319.jpg
『里芋&マカロニサラダ』
(材料●里芋・マカロニ・生の長ネギ・タヒニ・豆乳・醤油・青海苔)
冷たくて、ネバネバした里芋のサラダ。さいこー。
ネバネバ成分は、ムチンって言うの。

昼間に太陽を浴びとかないと、夜は上手にねむれない。
だから晴れている日は、どうにかして太陽を浴びる。
でも、今夜みたいな月の夜には、せっかく太陽を浴びといても、
創造力がポンポンしてくるから、眠るのが遅くなる。
だめだめ、夜更かししちゃだめだから、
明日の朝に飲む、おいしい珈琲のことを考えて眠る。
[PR]

by ideakico | 2008-12-11 22:12 | ごはん
2008年 12月 08日

さがしもの

明け方4時。
作業中だったダーリンが、作業を中断して、探し物をしている。
「これがないと作業が次へ進まない」というモノが、見つからないという。
一緒になって探したけれど、見つからなくって、落ち込んでたから、
何か「見つけた!」っぽい事してあげようと思って、
お昼ご飯のマカロニの中に、一個だけ『ペンネ』を潜ませておいた。

「どっちかのお皿に、ペンネが一個だけ入ってるんだよ」
って言いつつも、実はダーリンのお皿に入れといたんだけど・・・
気づかないまま、食べちゃった。あーあ、残念。
こーいう時期って、何しても駄目なのかなぁ?
いやいやそんなことない。
「一目瞭然」とか「外れ無し」とか、確かなもんにすればいいの。
b0145577_208776.jpg
そう思いつつ、ダーリンの大好物の胡桃をたっぷり入れたライ麦パンを作る。
生地に胡桃を混ぜて、上にも胡桃を乗っけて、
更には、真ん中にも大きな胡桃をどーんと入れて。
「胡桃はどこ?」っていうのじゃ、だめだから、見た目も味も胡桃三昧!
ついでに、懐かしくてほっとする、フカフカな味噌パンも作っとく。
ぎゅっと焼き固めないで、低温で蒸すように。やさしく。やさしく。
これで少しは、元気になってくれるといいのだけど。

b0145577_208757.jpg
『丸パン定食』。
味噌パンに合わせて、おばあちゃんっぽい田舎スープ。
(大根・里芋・牛蒡・長ネギ・ディルシード・フェンネルシード・
塩・胡椒・醤油。全てを鍋に入れて、スートブの上でコトコト)
[PR]

by ideakico | 2008-12-08 21:12 | 雑記
2008年 12月 07日

おいしくって、かわいーの

嫌いなもの→肉。興味ないもの→他の動物性のもの。
「牛乳」より「成分無調整豆乳」の方が、ほんきで美味しいと思ってる。
そんな私なので・・・普段スーパーで「練り物」を見ても、
全然購買意欲が働かないし、食べたいと思わない。
練り物よりも、白蒟蒻や生麩のほうが好き!!だもの。
しかーーーし。
こーいう美味しいものは、別。
b0145577_208614.jpg
Mちゃんの小田原土産、高級カマボコちゃん。
原材料がシンプルで、雑味がない、プリンプリンのカマボコちゃん。
こーいう美味しいものを頂いてしまうと、
またまた普通のスーパーとかで売ってるカマボコに、興味がなくなる。
原材料を見て、がっくり。恐る恐る食べてみて、がっくり。
「何だか臭いし、喉にキンキンくるよぅ・・・
また誰かから、美味しいのいただいた時に食べよう」ってなってしまう。
「やっぱり興味ないやー」ってなってしまう。
だから、友達とおでん屋に行ったとしても、
大根&昆布ばかりで、ある意味安上がりな人かもしれません。
b0145577_208654.jpg
「イカ墨カマボコ」と「かをり巻き」を味わうために・・・
玄米ご飯・焼き海苔&大根のお味噌汁・カブの糠漬。
牛蒡&大根葉の金平(といえども、醤油・バルサミコ酢・アニスシード味)。

美味しいカマボコちゃんのお陰で、とってもうれしい晩御飯でした!
[PR]

by ideakico | 2008-12-07 23:12 | 雑記
2008年 12月 05日

ぐるぐる回るハッピー

草木も眠りつつある時間に、叫び声が聞こえた。
「ベーグル!青海苔のっ!!」って。
あぁ、そーいえば最近ベーグル作ってないな。
次の休日に、作ってあげようかな。

ベーグルって、作るのも食べるのも、ハッピーな気分になる。
ちょっと複雑に成型して、ゆらゆら茹でて、軽く焼く。
他のパンより工程が多い分、ワクワク気分も多い。
ワクワクしながら出来上がったのを、切りもせずにちぎりもせずに、
何もつけずに、カプッてかぶりついた時は、とーっても幸せ。
ムチムチ、ふんわり。生地がにゅーーんって伸びて・・・

b0145577_208994.jpg

自分もハッピーな気分になりたいし、
周りの好きな人たちのハッピーな顔を見たいから、ベーグルを焼く。
ハッピーな顔を見ると、また更にハッピーになれるから、また作りたくなる。
なんともすてきな食べものなの。ベーグルって。
(青海苔&玄米粉ベーグルと、胡桃&そば粉のチャバッタもどき)
[PR]

by ideakico | 2008-12-05 22:12 | 雑記