goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食( 45 )


2013年 04月 10日

気分そうかい

b0145577_22593155.jpg
「春菊のジェノベーゼソース」
材料●春菊・大蒜・オリーブオイル・ヒマワリの種・酢・塩
春菊だったら、ヒマワリの種よりカシューナッツ、酢より柑橘の果汁のほうがいいかも。
今まで、色々なハーブや葉っぱでやってみたけれど、
「1番!!」は決められない。
どれもこれも、それなりに魅力があるの。
春菊で作ると、体に隅々行き渡る清涼感!
[PR]

by ideakico | 2013-04-10 23:02 |
2013年 04月 07日

春は苦いもので排毒

b0145577_2256649.jpg
このところ緑とか黒とか・・・畑や庭、そこらにあるものとかが多いから・・・
毎日こうやって、無農薬&無化学肥料の野菜と野草などを、山盛りいただいている。
お金はかかっていないのに、なぁーーんて贅沢!

お味噌汁は、アサツキ。それと、ほうれん草のペンネ。
丸いお皿のものは、
「茹でた芽キャベツの菜花」これ、あきないかも。
「茹でたたんぽぽの葉」良薬口に苦し。イイ女目指して摂取。
「ヨモギのパン」今日は米粉と小麦粉とオートミールで。
「山盛りワカメ」・・・・今日はどーやって食べよー。
b0145577_22564260.jpg
テーブルの上に、オイルやナッツペースト、醤油や塩や味噌などなどを並べて、
2人で好きなものをかけながらいただく。
普段は、素材を洗いながら切りながら味を見て、調理方法や仕上がりを考えるけれど、
ただ茹でたり蒸したり洗ったりしただけのものをお皿に並べて、色々試すのも好き。
それは母親の影響もあってか、子どもの頃からかもしれない。
「これとこれは合うかも。次回はあーしてみよう」と、夢を見つつ食事をするのが楽しいの。

そろそろ、のびるやセリ、野三つ葉も育ってきてる。
スギナを頼りに、ツクシも探しに行かなきゃ。
[PR]

by ideakico | 2013-04-07 23:06 |
2013年 04月 05日

今日も黒くねっとりと

めかぶちゃん。
オテサーネクとプードルな感じ。ソーキュート。
b0145577_23333160.jpg

ごはんが見えないほどのめかぶ。
黒豆納豆と畑のアサツキ。
ぜーたく。めかぶ丼。
b0145577_23341528.jpg

海藻料理に試行錯誤中だから、酒粕も入れる。
生臭さが和らいで、よろしい。
b0145577_23343915.jpg

[PR]

by ideakico | 2013-04-05 23:39 |
2013年 04月 02日

可愛いひと、好きよ

人参の根も好きだけれど、人参の葉っぱがだーーい好き!
そんな私だから、葉っぱを頂くために、時期外れに種をまいておいた。

寒さの中、ちまちま間引き続けたから、梅が散る頃にはぽちぽち成長。
そろそろ美味しくいただけるかしら?と、思い切って、大き目の人参葉ちゃんを引っ張ってみたら。
b0145577_21345513.jpg

スレンダーボディーな可愛い人。
葉っぱはもちろん、根もいただけそう。
だから今日は、たくさん収穫して、人参ご飯。
可愛らしい根の部分も細かく刻んで、一緒にかりかり。
よぉく炒めて、玄米に混ぜ込んで。ほろ苦甘い、人参ご飯。
冷凍庫の中の自家製トマトケチャップをお皿にしいたら、人参ご飯をぽこっと。
芽キャベツの菜花の和え物と牛蒡ときのこのお味噌汁も一緒に。
大人なんだか子どもなんだか、よくわからないお昼ご飯。

b0145577_21352133.jpg

[PR]

by ideakico | 2013-04-02 21:39 |
2013年 03月 24日

不精ものの菜花

b0145577_18201882.jpg

今年に入ってから、我が家はひそかに北海道ブーム。
「トウモロコシのパン」
材料●北海道小麦・トウモロコシ・酒粕・豆乳マヨネーズ(仕事先の)・天然酵母・甜菜糖・塩

考えてみたらもう7年くらい前かしら?
野菜の仕事に就いて、初めて春を迎えたとき、その春の威力を不思議に思った。
一体この芽吹きのエネルギーは何なんでしょう・・・・?と。
商品である、泥だらけの人参からは、黄緑色の芽がニョキニョキ出てくるし、
クレソンなんて、入荷した時点で白いひげ根を伸ばしている。
菜花は数時間で、黄色い花を咲かせるし、
冬には赤く、身を守っていたブロッコリーも、クリーム色に粉を吹いた状態・・・
化学肥料に頼らず生きてきた野菜だから、特に生命力が強いとゆーのもあるんだけれど、
ちょっと目を離したスキに、成長してく商品たちには、焦りと恐怖すら感じたりしていた。
ふてぶてしく成長した今となっては、そんなことないんだけれど・・・

でもしかし、山の住民になって、初めての春。
同じような感動を味わっている。
ここに越してきたのは、去年の5月下旬だから、その頃すでに、家は雑草で覆われていた。
今はちょうど、ものすごい勢いでカラフルに芽吹いて、ポップな色の花が咲き、
向かいの山は、白やピンクのグラデーションが、波の泡のように広がっていく。
晴れた日の朝、庭を眺めると、いつか見たアニメーションの世界で、
曇りの無い蕾たちが、ぴょこぴょこ顔を出している。
そして私たちの小さな小さな畑でも、黄色い花が咲き始めている。

b0145577_18205590.jpg


「トウがたった小松菜の炒め物」
材料●畑の小松菜菜花・大蒜・塩。

「トウがたった芽キャベツのスウプ」
材料●畑の芽キャベツ菜花・北海道の金時豆・玉ねぎ・昆布・醤油・塩・スパイス少し。

白いパンは、北海道小麦とオートミール。黒いパンは、キャロブと米粉入り。
彼には、仕事先の卵でオムレツみたいなものを。
[PR]

by ideakico | 2013-03-24 18:18 |
2013年 03月 18日

ふぇいばりっと

今日は「好きなものを作りましょうか」と約束してしまうと・・・
「胡桃!」「パスタ!!トマト味の」「コーン!!たくさん」とゆー答えが返ってくるので。

b0145577_21461945.jpg
「胡桃とココナッツのパン」
材料●北海道小麦・オートミール・胡桃・ココナッツ・天然酵母・甜菜糖・海塩。

「トマトとグリーンセロリのパスタ」
材料●トマト・緑芯セロリ・黒オリーブ・大蒜・彼にはチーズも。

「コールスロー」
材料●コーン・キャベツ・豆乳・オリーブオイル・醤油・黒胡椒。


緑芯セロリは、愛知天恵グループのものが大好き。
濃い緑色の芯はもちろん、葉っぱの部分なんて、
強火で炒めて塩するだけで、
なぁーーーんて存在感あるの、っていうお味。
セロリだけでなく、キャベツもすてきよ。


b0145577_21465795.jpg

「私の好きなもの、ポテトサラダ」
材料●メークイーン・玉ねぎ・豆乳・ピーナッツペースト・味噌・酢・白胡椒。

飾ってあるのは、そこらへんに、
もじゃもじゃ生えているカラスノエンドウ。
どことなく、豆苗フレーバー。
今、家の周りは、食材の宝庫!
[PR]

by ideakico | 2013-03-18 22:02 |
2012年 11月 26日

関係が冷えきるまえに

b0145577_16475490.jpg

『里芋コロッケ』
材料●里芋・牛蒡・大蒜・パン粉・小麦粉・塩・胡椒
「里芋素揚げ」も作成。横にある葉っぱは、畑のほうれん草の間引き菜。
あと、玄米ご飯と、切干大根と玉ねぎのお味噌汁に、畑のあさつき。
揚げものとか油料理の時は、大根は必需品!

b0145577_16482570.jpg

初めて「里芋」でコロッケを作ってみたときに、
「なぜ、これほど素晴らしー料理が、一般的に普及していないのかっ!」と、
たまげた経験がある。
こんなにクリーミィで、こんなに作りやすいだなんて・・・
まぁ作りやすいというのは、小さい里芋で作った場合のみだけれど!
でもしかし、じゃが芋コロッケよりも、バツグンにイカした里芋コロッケ。
小判型より、まん丸型がおススメなのです。

それから年をえて、某総菜屋さんで里芋コロッケを発見した時は、とぉってもうれしかった。
あぁ、ついに里芋コロッケの時代がきたのね・・・と、感無量ではあったのだけれど、
なぜだか相変わらず、普及はしていない。
なぜだ?
じゃが芋よりも里芋のほうが、お高いからか?
それとも私の味覚が、おかしーのか?
(本気で「生クリームよりも豆腐クリームのほうが美味しい」と思っている、この私)

とにかく!
作ってみてみて。
最近がんばって料理しても、彼がほめてくれないの・・・とイジケ気味な人は特に。
ウチの彼は、これを作った日には耳にタコができるほど、
「おいしいね」「さいこうだね」を連呼しているよ。
[PR]

by ideakico | 2012-11-26 16:53 |
2008年 11月 06日

思い出ご飯

インド弁当売りのバイトしてた時期は、
「ターメリック・クミン・コリアンダー」の、
カレー3大スパイスを、家では使えなかった。
だぁってさ、バイト中ずっとその香りを嗅いでるからさ。ちょっとネ・・・
ということで、あんなに好きだった「スパイス調合・カレー作り」もご無沙汰でした。

辞めたとたん、テンパリングした、焦げクミンの香りが恋しくなって。
懐かしい気持ちで、クミンシードとコリアンダーを買う。
でもターメリックは、まだ当分、買う気になれなくて・・・
(って、まだ辞めてから一週間なんだから当たり前・・・)
黄色いターメリック抜きで、ネパール定食『ダル・バート』。
b0145577_23102827.jpg
「ダル」は、レンズ豆や豆のスープ。「バート」は、炊いた米。
ゆえに『ダル・バート』は、日本で言うと『味噌汁・ご飯』。
緑色のダルと、紫色のバート、それに薩摩芋のタルカリ(惣菜)。
それプラス、日本チックな「牛蒡とモヤシの和え物」なんぞ一緒に作って。
今日も、冷蔵庫や野菜カゴの中身、ありったけ使ってお昼ご飯。

「牛蒡とモヤシの和え物」
(材料●茹でた牛蒡&モヤシ・豆乳・醤油・梅酢)
「薩摩芋のタルカリ」
(材料●紅こがね・椎茸・玉葱・大蒜・スパイス色々)
(トッピングは、生姜&パクチー。ダーリンには、蒸し鶏も)
美味しいダルの作り方を知りたい人は、秘密で教えましゅ。

b0145577_2311747.jpg
夜は、2人の大好物・ライ麦フォッカチア。
ハーブ3種類と男鹿半島の塩、オリーブオイルをたっぷりかけて、
やさしい茶色に焼き上げる。
スープは、キャベツの外側の葉とインカのめざめ。
コロコロしたマッシュルームと、小さな小さなトマトも少し。
焼きたての、熱々フォカチアを食べるたび、
自分で作っておきながらも、自分で幸せな気持ちになる。
単純でおバカかもしれないけれど、不幸よりはいいでしょ?
[PR]

by ideakico | 2008-11-06 23:12 |
2008年 11月 01日

節目なのに「節」をなくしたいから似たものを

やぁーっと!待ちに待ったお休みなのだ。
7連勤のあとは、やはりベランダのケールは、ぼうぼう。
冷蔵庫の中身は、昨日と同じ。
いつもなら「同じ素材で、昨日と違うものを作ろう」と思うのだけど、
今日は、「似たよーなもの作ろうかな」な気分。
b0145577_239373.jpg
『キノコ2種類とヒヨコ豆の豆乳パスタ』
(材料●キノコ・ヒヨコ豆・もち粟・玉葱・豆乳)
味付けは、味噌・酒粕・ナツメグ・塩。
トッピングは、甘夏ピール&ブロッコリー。
玉葱と粟をじっくり炒めて、甘味を引き出すと良いのだけれど、
油を使いたくない人は、材料を重ねて煮ればいいの。

『車麩のステーキ&ケール炒め』
(材料●車麩・ケール・醤油・メープルシロップ)

『南瓜マフィン』
昨夜は、パン生地を仕込まなかったから、今日はマフィン。
それに、本当はクコの実を入れたかったんだけど・・・
疲れてんのかな?体が勝手に、レーズンを投与していました。

b0145577_2393627.jpg
バイト掛け持ち月間も、昨日でおしまい。
馴れ親しんだ人たちと、あまり会えなくなるのは寂しいけれど、
まぁ同じ地球上に居る限りは、どーにかこーにか、いつか会える。
それに、またひとつ「懐かしい場所」や「思い出」が増えたことは、
うれしい気持ち。
明日からまた、新しい生活サイクル。
[PR]

by ideakico | 2008-11-01 23:10 |
2008年 10月 31日

仕上げは、お皿の中で

人参の葉っぱを、カリカリに炒めたの、大好き。
野性的で存在感があって、なぁんておいしいんだろう。
b0145577_2104088.jpg

『3種類のキノコのパスタ』
(キノコ色々・大蒜・バルサミコ酢・ナツメグ・塩・胡椒)
カリカリ人参葉と、オリーブオイルを好きなだけかけて、
お皿の中で、混ぜながら食べる。
ちょこんと乗った茹で人参ちゃんは、ベビーコーンみたいな新緑の味。

収穫祭(ハロウィン)ちっくに、『南瓜パン』
(北海道小麦・ライ麦・玄米粉・南瓜・酵母・塩)
ハロウィンだろうが冬至だろうが関係なく、
南瓜好きの我が家では、南瓜料理は頻繁に出現。
横に添えたヒヨコ豆は、そのまま食べたり、パスタに入れたり。
ちょと茹で足りなかったので、明日はスープにいれようかな。
橋渡ししてるモロッコインゲンは、どっちのお腹に入ったのでしょう。
仲良く半分こ!!と言うわけにはいかなかったのね。

もう年末になっちゃったから、ラストスパートをかけるべく、
『今年の目標・5つ』を、読み返してみる。
「髪を肩甲骨まで伸ばす」って、一体誰が書いたのさ。
まぁ、今年の夏は暑かったから、しょーがない。しょーがない。
モンチッチみたいな頭にしちゃっても、しょーがない。
[PR]

by ideakico | 2008-10-31 21:02 |