goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 23日

おわらせないで

木々の揺れ動く音に聞き惚れていると、
かき消すかのように、セミの声。
b0145577_12220391.jpg
右耳で聞いたり、左耳で聞いたり、両耳で聞いたり。
鼓膜の振動は、もう、追いつかず、
突き刺さるように、脳に届く。
このセミは、こんなにまでして、
いったい何を訴えているのだろう。

ロシアの山奥に住んでいるアナスタシアや、
セミの言葉だってわかるんだろうけれど、
残念ながら、私にはわからない。
勝手な想像を、ふくらますだけ。

終わってほしくないって思うほどに悲しくなるけれど、夏が好き。
b0145577_12225948.jpg
山を下ったらすぐ、八百屋さんがあるから、
地元名物の大きなすいかを買って、
「これもまた夏の愉しみ」と、大事に抱えながら、また山を登る。
こんなにまでして、夏が好き。

[PR]

by ideakico | 2014-08-23 12:33 | 雑記


<< ちっぽけかしら?      ちまちま梅仕事 >>