2014年 05月 26日

不器用なひと

少し早いんだけれど、待ちきれなくて・・・裏山の梅を収穫。
b0145577_16151441.jpg
イラストの仕事から足を洗って、もう5年くらいたつのかしら?
このごろやっと、素直な目で映画や展覧会を観ることができるようになった。
それまでは、ついつい「ネタ探し」とかしてしまって、
どっぷりと作品の世界に浸かることができなかったのです。

昨日観たのは、「パリ、テキサス」
ヴィム・ヴェンダースは嫌いじゃないけれど、
この作品は、観る気がおこらなかった。
だってだって!ブロンドヘアなナターシャ・キンスキーだなんて!!
私にとってのナターシャは、小学校の時に観た「キャットピープル」。
あの知的だけれど野生的な風貌が、あまりに魅惑的で、
このキザなアメリカっぽい金髪ナターシャが、どーしても許せなかったの。
(って、もっと前の映画でもブロンドヘアで出演しているけれど・・・)
キザといえば、音楽もライクーダのギターだしネ・・・

ああでも、観てよかった!
ヴェンダースの映画は、人も風景も美しい。
それにこういう不器用系恋愛映画って、その監督の人間性もちらりと見えたりして好き。
フェリーニの「道」や、ラース・V・トリアーの「奇跡の海」。
レオス・カラックスのアレックス3部作とかも、不器用で少し冷たくて大すき。

「パリ、テキサス」は、失踪した人を探すという、
広いアメリカの片隅で、ぽちぽちと起こっていそうな、ある意味平凡なストーリー。
細かいニュアンスや設定も、いかにも80年代のアメリカっぽいんだけれど、
そこはドイツ人のヴェンダースの描くアメリカだから、ちょっと物悲しくてユーモラス。
しかも輪をかけて、痛い気持ちにさせてくれるのは、小悪魔的な若い女&情けないおじさんという、永遠の組み合わせ。
いつの時代も国を選ばず、こーいうカップルが取り上げられるのは、なぜなのだろう?
世の多くの男の人には、「若い小悪魔に翻弄されたい!」という密かな願望があるのかな・・・?

とても救われない気持ちになりたい!って時は「ラストタンゴインパリ」 &「パリ、テキサス」の2本立てで。
無心にのほほんとしたい時は「人生万歳!」&「パリ、テキサス」の2本立てで再度観たい、すてきな映画。
b0145577_16160035.jpg
梅仕事の第一弾・梅シロップ完成!
来週は、第二段の梅味噌&梅酒かな・・・

[PR]

by ideakico | 2014-05-26 16:33 | 雑記


<< 琥珀色した甘いもの      大すき葉っぱ >>