2014年 04月 22日

また明日はなにがあるのだろう

悲しみに氷ついているときは、とろけるような甘いものを。
しょぼくれちゃって物悲しいときには、大蒜の香りがする赤いものを。
どおしたの?ってくらいに、ぷりぷりに怒っちゃったときは、
小麦の香り。
b0145577_22043702.jpg
形をととのえて、温かいオーブンに入れると、
ぷくーって膨らんでくれる。
膨らんでいた自分のほっぺたのかわりに。
可愛らしいパン生地たち。
b0145577_22053913.jpg
小麦の香りが充満する頃には、わくわくしてきて、ふわーって顔がゆるんできて、
なんだか怒っていたこととか、どーでもよくなっちゃって、
早く食べたい気持ちでいっぱい。
b0145577_22062048.jpg
『ふきの葉っぱのパン』
材料●国産小麦・大麦・ふきの葉・天然酵母・甜菜糖・塩
b0145577_22072038.jpg
画像でうまく色が見せられなくて残念!だけれど、
本当は、もっときれいな緑色なのです・・・
ブラックオリーブとも合います。
苦いの好きな人におすすめでしゅ。

[PR]

by ideakico | 2014-04-22 22:19 | 雑記


<< オトナの感受性      地面があれば生きていける >>