goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 21日

ぐるぐるまわる

先々週も、先週も、そして明日も。
ここのところ続けて、毎週日曜日は、老人ホームに慰問に行っている。
腰や胸に巻く布っきれや、花の冠を持って。
そうそう、レイキのボランティアとかでなく、タヒチアン・ダンスを踊りに。
おじいちゃま&おばあちゃま達が、少しでも常磐ハワイアンセンターな気分になって、
うきうきしてくれたらいいなって、
へたっぴーな私だけれど、がんばって踊るのです。

踊る前に、Kさんがお土産をくれた。
「来る途中に、おいしそうなパン屋さんがあったの。これ、かわいかったから!」
b0145577_18231054.jpg
わぁ、うれしー!って、じんわりほぐれて、笑顔になる。
うれしいとか楽しいとかは、よっぽどマイナス思考でなければ伝染とゆーか循環する。

循環といえば、以下のアーサー・ビナードさんのことば。
ちなみに我が家は、もう長年石鹸生活です。そして電気も最小限しか使いません。
(もう十数年、電子レンジ・テレビ・エアコンとか無い。ついでに私は携帯も無い)


蛇口をひねり、コップ一杯の水を飲む。
蛇口をひねり、コップを洗う。
蛇口をひねり、洗顔する。
だれでも毎日やっているし、みんな水の循環をつながる行為だと、当然わかっている。
なのに、多くの生活者の意識からそんな根本的な事実が、すっぽり抜けてしまっているみたいだ。
・・・中略・・・ふだんから下水にちっとも思いを馳せず、
他の生き物のことを考えずにくれしている者には、漏れつづける汚染水もなかなか想像できないのか。
福島第一原子力発電所では、これまで万トン単位で太平洋に毒が流れ、いまだ歯止めがかかっていないのだ。
このことを、せめて魚を食べるとき、水を飲むとき、顔を洗うときくらいは、意識しないと。

「アーサーの言の葉食堂」より
[PR]

by ideakico | 2013-12-21 18:27 | 雑記


<< 小寒と大寒のあいだに      おだやかな日々 >>