2013年 06月 13日

梅仕事は木登りから

屋根のない野外でバイトするパートナーは、
毎年夏は、ぐったりよれよれになって帰宅してくる。
そんな彼に、梅を摂取してもらいたいけれど、残念なことに彼は「梅干し」が苦手。
お弁当のおにぎりに、防腐目的で種だけ忍ばせたりするけれど、それすら辛いとのこと。
梅酢や梅醤油を料理に使っても、たかが知れた量だし、飽きてしまうだろうし。
梅酒もあまり好きでない。
うーーーん、どーしよう?

甘くした梅をパンやお菓子に練りこんでみては?と、
とりあえず梅シロップを作って、味見がてら「豆乳割り」にして出してみたところ・・・
「おいしい!!」と、大のお気に入りに。
「こんなにおいしくて、元気が出るなんて、一石二鳥だね!」

お気に入りすぎて、去年は夏中に飲みきってしまったから、今年は多めに作らねばと、
裏山の、大きな大きな野生の梅の木によじ登って、せっせと収穫し、せっせと梅仕事。

b0145577_1227196.jpg


右側2つの瓶は、先月仕込んだもの。味見しつつ。
左側2つは、今月仕込み。


b0145577_12274363.jpg


いつも甜菜糖で作るのだけれど、
頂き物の玉砂糖も少し入れてみた(右の瓶の上のほう)。
左奥の瓶は、梅味噌。


b0145577_12281131.jpg


傷んだ梅は梅酵母に。
右にあるカメは・・・ふふふ、またいつかのお話に。
[PR]

by ideakico | 2013-06-13 12:32 |


<< いけないことかしら?      毒抜き日記 >>