2011年 05月 01日

雑記・つぎのつぎ

5月1日(日)
駅には親子がいっぱい。
「いなり湯」の前では、若者たちが歌って踊っている。
家の裏の木の中では、小鳥が鳴き叫んでいる。
そおっと窓を開けて、その姿を探してみると、
声だけ存在しているかのように、見つからない。
「そうぞうなのか。くうそうなのか」と、
大声で歌って通り過ぎていく男の子。
今日は、雨が、ふっている。

b0145577_2162536.jpg


[PR]

by ideakico | 2011-05-01 19:05 | 雑記


<< 月の様子をうかがいつつ      ひっさびさに・・・ >>