goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 20日

木の芽どき・三月

久しぶりに眼鏡をかけたら、
高い所へ登りたくなった。

電線の無い地帯の、小学校の裏山。
「水のないプール」には水が入り、校庭には体操着の子供たち。
紅白帽に、白いシャツ。
少女達はもはや、ブルマーではなく短パン姿。
エロティシズムの欠落。
遠くの埠頭。曇り空が広がっている。
高い所から、クリアな視力で世界を眺めていたら、
津波のような泡まみれの、分厚い感情が押し寄せてきた。

周りを取り巻く、たくさんの命あるものを思い出す。
今まで出会った人々に、ありがとうする。
今こうして生きていて、普通に生活できることに感謝する。

春はすぐそこ。
線路沿いの菜の花は、咲き始めてる。
b0145577_2154548.jpg


[PR]

by ideakico | 2010-05-20 09:05 | 雑記


<< 過ぎ去った日のことを      草もちは1個残しといて >>