2009年 10月 17日

似てるけど、味はちがうの

b0145577_2085949.jpg


『3色スウプ』
(材料●人参・ココナッツミルク・豆乳・じゃが芋・玉葱・味噌・カルダモン)
(焼きインゲン&パプリカも。彼には黒胡椒たっぷりの鶏肉を)
人参とカルダモンって、最高だと思う。印度人はえらい。

『よもぎ蒸し焼きパン&おからビスケット』
よもぎパンは、餡入りも作成。よもぎと餡子も最高だと思う。日本人もえらい。
おからビスケは、黒胡麻やそば粉で、真っ黒くろ。

右手はまだキズキズだけど、左手はかなり良い日もあるので、
そーいう日は、片手でパン生地を捏ねる。
レイキの手で捏ねるからか、手捏ねしたパン生地はとっても元気が良くって、
プチプチはじけてしまいそう。
そして焼きあがりは、ふんわりと優しくて、小麦の味を強く感じる。
なんだかなんだか・・・毎日食べたいくらい美味しいの。(なんて我ながら思ってしまう)
粉の美味しさや、生地の滑らかさに感動しつつ
「あぁやっぱり、手の調子が良いと違うなぁ」と、再々再々再々認識してしまう。
きっと完璧に手が良くなる頃には、おばあちゃんになってると思うけど、
もしその時まで生きてたら、茹でパンや蒸し饅頭のお店を開いてみたいものです。

b0145577_2085963.jpg


『3色スウプ』
(材料●豆3種類・エノキ・玉葱・クミン&フェンネルシード・オリブ油・塩)
(茹でプチトマト&茹でインゲンも)

『玄米味噌パン&キャラウェイシード入りのロティ』
今日はインド・ディワリ(印度のお祭り)だから、あわててロティも焼く。

家でディワリご飯食べたら、Rさんの主催する「レイキ交流会」へ。
交流会での濃密な4時間を過ごした後って、
もぉ、元気が溢れんばかりになってしまって大変。
少し「元気」を消耗すべく、わざと人ごみの中をフラフラ彷徨い歩く。
そんで、程よいテンションまで下げてから、おしとやかに帰宅するのであった。
今夜はたぶん、ぐっすり。
[PR]

by ideakico | 2009-10-17 21:10 | 雑記


<< 南瓜ジャンキーと緊縛ティータイム      あたたかなもの >>