goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 19日

またふえた、すてきな仲間

去年、念願のフードプロセッサーを手に入れた。
ずっとあこがれてた。夢だった。いつかいつかって、夢見てた。
手に入れたその日から、毎日とはいかないけれど、頻繁に使ってて、
使うたびに「よくやってくれるね。ありがとう、大好きよ」って感謝している。
だって、この子のお陰で、こんな手でもパン生地ができるんだし、
お豆腐マフィンだって作れる。とろんとしたスウプだって作れる。
それって私にとっては、とてつもなく救われることなのだ。

自分でパン生地は捏ねれなくとも、フープロ君がパン生地を捏ねてくれる。
でも成型は?・・・木のシャモジでやるか、ゴム手袋着用の手でやるか。
そんな日が続くと「あーなんでそこまでして」って悲しくもなる。
でもね、自分の好きな粉で、自分のレシピで作ったパンが食べたいの。
酵母と粉の掛け合いや、香りや食感。思っているものができるかどうか、見届けたいの。
だから、そこまでしてつくる。

「ホームベーカリーがあればなぁ」
全て機会にお任せであっても、
自分の好きな素材と配合で作ったパンが、もっと頻繁に食べれるのになぁ。
そんなこと思ってた。思ってたら・・・

b0145577_2085526.jpg


届いた。
彼が大切なギャラで買ってくれた。
こんな私のために・・・って、ちっちゃくちっちゃくちぢんじゃったけれど、
ちぢんでいる場合じゃないの。美味しいの焼いて、喜んでもらわなきゃ。
やっぱりグラグラ揺れるのかなぁ?とか、どんな捏ね方するのかなぁ?て、
ドキドキしつつ、とりあえずは床において、データを取りながら、試作試作!!

*B4ノートとA4落書き帳と、24?の足と、MKホームベーカリー。
種おこしは勿論の事、捏ねる速度や発酵の温度も大まかに選べるもの。
(粉の種類によって、捏ねる速度を変えると、味も変わるし、
発酵の温度を変えるだけで、ボリュームの出方も変わるから、選べるとうれしいの!)
[PR]

by ideakico | 2009-09-19 22:09 | 雑記


<< 夢見がちなおとな      落ち着きの無い女 >>