2009年 08月 13日

季節の楽しみのひとつ

夏にはトマト、秋には梨。冬には林檎。
そして春には、次の冬のジュジーな林檎を夢見つつ、林檎ジュースを。
実家の母が、三水の里のYさんから取り寄せる、野菜や果物のおすそ分け。

b0145577_2084918.jpg


おっきくて、小人の帽子みたいなパプリカ・ガブリエルと、情熱のトマボーロ。愛の林檎。


Yさんの野菜や果物を口にすると、無心になる。
「あぁなんておいしいんだろう」を通りこして、頭の中はカラッポに。
そして無言で、2口3口と口に運び、つまみ食いも止まらない。
かぶりつきたい衝動を抑えつつ、水道で洗って、
もぉ我慢ならずに、切りながらパクリ。パクリ・・・パクリ。
そして食卓にあがる頃には、ずいぶんと減ってたりもするので、
林檎などは、皮もむかずに半分に切って、2人でかぶりついている。

b0145577_2084930.jpg


野菜ちゃんたちに失礼のないように、包丁を研いでおく。
だって、切れ味の悪い包丁でゴリゴリしたら、かわいそーだもの。

b0145577_2084974.jpg


トマト&肉厚なパプリカだったら・・・
やっぱりふつうに、ラタトゥーユとかエスカベッシュがいい!
冷蔵庫でよく冷やして、いただきます。
[PR]

by ideakico | 2009-08-13 22:08 | 雑記


<< ネパール人のように      あいすあいすあいす >>