goldfish

ideakico.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 02日

白がまぶしく思うとき

私は8年前に、成人型アトピー性皮膚炎になりました。
でも、アトピーになってからも、大好きな料理はしたかった。
だから「綿手袋&ゴム手袋」の手袋2重で、料理していました。
今はかなりよくなりました。
毎日ではないけれど、パン生地が捏ねれるほど良い日もあります。

料理やパン・お菓子作りは、独学だし、ド素人です。
でも、料理好きの食いしん坊家族に囲まれて育ちました。
おかしなことに「食べ物で遊ぶな」って、叱られた記憶がなく、
「遊ぶように作って、楽しみながら、好きなだけ食べる」って、育てられた気がします。
どんな食事でも、楽しく食べ始めないと、唾液も分泌されないし、胃も働かないです。

でも、毎日楽しく笑って、穏やかに過ごすことはできません。
時々は怒ったり、たまーーには落ち込んだり。
月に一度は大泣きして、すっきりするのも大切です。

それに、毎日3食、楽しく美味しく食べることはできません。
朝は台所で立ったままだし、昼は梅干オニギリ。もしくは丸パン。
作ることが苦痛になったり、栄養を摂ることに追われたりするよりも、
できるはんいで、たべたいときに、たべたいものを。
b0145577_2081436.jpg
今日は、朝は抜き。昼は、前のバイト先にて。
だから夜は、2人の好きなもの作ろうかなって、大きなフォッカチア。
『全粒粉のフォッカチア』
ハーブ4種類と、オリーブオイルたくさん。
『カブ&じゃが芋のポタージュ』
茹でたカブの葉っぱを乗っけて、胡椒ガリッ。
『蓮根&ナッツの辛子和え』
やはり毎日のように蓮根を食べてるの。
[PR]

by ideakico | 2008-12-02 00:12 | 雑記


<< スプーンやフォークで      大人な昼下がり >>